大人になると、なかなか運動が出来ません。

ちょっと、自転車に乗って遠出したくらいでも筋肉痛になります。

また、日ごろの運動不足を解消する為に
スクワット20回でも太ももが筋肉痛・・・。

効果的な治し方は何があるのでしょう。

 

筋肉痛はどうして起る?

効果的な筋肉痛の治し方を知る為には原因を知らなければなりません。

そもそも、なぜ筋肉痛が起るのでしょうか?

実は、これと言った説が確定されている訳ではありませんが、
2つの有力な説があります。

①急激な運動により筋組織が損傷

損傷といてもアスリートが起こす肉離れとはレベルが違います。
筋肉は負荷を与えると一度破壊されもう壊れないように
前より強く超回復します。

超回復

この原理を使って筋肉を増やしていくのですが
私のような無精者は、簡単な負荷でも筋組織が損傷します。

すると、筋肉を回復する為に、一度筋組織が白血球により破壊されます。

その時にヒスタミンなどの痛み物質がでて
それらが神経を刺激するという説です。

②乳酸が溜まる説

運動をすると乳酸が溜まります。

簡単な運動で筋肉痛を起こす人は基本的に
体内循環が悪いですから
乳酸の排出が追い付きません。

そして、筋肉が硬直するという説です。

多分、運動不足の人の太ももなどには
両方の事が起っているのだと思います。

 


Sponsored Link

筋肉痛治し方~血流の改善

①,②の説ともに痛みを回復させる為には、
血流の確保が重要です。

年齢を重ねると末梢血管も老化しますので、血液循環がおち
症状の進行、回復の遅れが出てきます。

ですから、筋肉痛が2日後に出てきたりするのです。

ですから、入浴してマッサージも良いのですが
運動直後にやってはいけません。

ただし、太ももなど筋肉痛の発症している部分が
発熱しているのであれば、湿布などで冷やしてから行いましょう。

 

筋肉痛の治し方~硬直をほぐす

運動直後、筋肉には乳酸がたまり硬直しています。

筋肉が硬直する事によって血流も滞ります。

ですから、運動直後になるべくストレッチをしましょう。

太ももストレッチ

この時にゆっくり伸ばす事が重要です。

 

筋肉痛の治し方~クエン酸の摂取

筋肉にたまった乳酸を分解する為には
クエン酸の摂取が需要です。

グレープフルーツ

グレープフルーツ、レモンや梅干し等を取ると
筋肉の疲労も取れやすくなります。

 

筋肉痛の治し方~あえて動く

これは、一見ダメなようですが、
あくまで運動不足の人が対象の話です。

運動不足の人が、筋肉痛を訴えている場合
運動選手が味わっている筋肉の痛みとは次元が違います。

損傷と言っても、自然に治る程度です、
運動自体にも差支えるものではありません。

ですから、運動を続ける事によって筋肉も強くなり
結果的には早く治るのです。

ストレッチしづらい太ももなどは
あえて、スクワットなどをするとよいでしょう。

ただし、急激に負荷を与えすぎるのは逆効果です。
出来る範囲から行いましょう。


スポンサーリンク

記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!