12月や3月、
は旅立ちの節目ですね。

この時期、送別会の幹事に
なったという人も多いかと思います。

会場選びに予算決めなど
いろいろ幹事は何かと大変!

soubetsukai-2

とくに
送別会のプレゼント
選びは
悩みの種という方も多いと思います。

また、
年令や性別
シチュエーション
によって
プレゼントの内容も変わります。

今回は
40代の男性へのプレゼント
を考えてみました!

7753105

多分、この年代ですと
上司にあたると思います。

そういった方への贈り物の場合、
予算も様々ですよね。

退職・栄転
部署移動では
贈り物の予算も変わってきます。

また、集める人数もあるので、
実際に
予算も3000円〜20000円と
幅広い傾向にあります。

また、
男性40代は持ち物にこだわりのある年代なので、

贈り物選びは

リサーチが必要ですね。

 

上司の送別会の贈り物には、
感謝を表わす意味も

あるので、
ある程度値段も高めのもの
を選ぶ方が良いと思います。

好みがわからない場合
の贈り物として安心なのが

ギフトカタログや商品券など。
ただし、商品券はやや現金に近い感じがするので、

ギフトカタログ
の方が良いと思います。

また、職場への思い入れも強い世代なので、
想い出に残る
寄せ書き
がとても喜ばれるという意見も多くあります。

どちらにしても、心を込めたプレゼントということ、
今までお世話になったという
「感謝」
が伝わってくることが

40代の男性に喜んでもらうポイントです。

 

写真付き寄せ書き

ダウンロード

まず、欠かせないのは!

心のこもったプレゼントとして人気の

寄せ書きです。

40代の男性なら長年働いての
退職や転勤がほとんどだと思います。

一緒に働いた仲間や後輩から

激励のメッセージや想い出の写真などに

感動する人が多いようです。

周りに協力してもらい、
今までの上司の写真を集めて作れば、

その手間をかけてくれた気持ちや
一人一人のメッセージに

きっと感動してくれるでしょう。

予算に関係なく必ず喜んでもらえる品だと思います。

 


Sponsored Link

お酒類(予算3000円〜20000円)

お酒の好きな上司には高級酒は喜ばれます。

sougeiSpecialContents03_img04

普段なかなか買わない
ワインやシャンパン

銘柄にこだわった
日本酒や洋酒なども良いと思います。
とくに退職の方には

kishimoto_main

お疲れ様の気持ちを込めて

「ご自宅で奥様とご一緒にどうぞ」

一言添えてプレゼントすると、

その心遣いにホロリとしてしまうかもしれません。

 

ネクタイピン(予算3000円〜20000円)

 

年令問わず男性へのプレゼント

定番のネクタイピン

20120325001127d37

上司への贈り物の場合は、
値段を少し高めにして

高級感のあるブランド品を
選ぶと良いと思います。

オシャレな方には
カフスボタンも添えて
プレゼントすると更に喜ばれます。

送別会の頂き物のネクタイピンは、
後輩を思い出しながら大切に使っている

という上司も多いようです。

同じく男性への贈り物の

定番のネクタイは
「女性からのプレゼント」というイメージもあるので、
既婚者への贈り物としてはNGです。

 

マグカップ&コーヒーセット(予算2000円〜5000円)

退職ではなく、
部署の移動や転勤であれば、


むしろ高いものよりも

上司に負担にならない金額で、
なおかつ

新しい部署で

使ってもらえるようなアイテム
がいいと思います。

コーヒーが好きな方なら

t-77

上司専用のマグカップと
美味しいコーヒーをセットに

してプレゼントするのも良いと思います。

お茶が好きな上司なら
湯のみとお茶等に変えても。

気遣いも見られて
喜んで使ってもらえると思います。

 

ギフトカタログ(予算10000円〜20000円)

退職や栄転などの送別会なら
少し予算を多めに設定したいもの。

ただ高価な品物を選ぶとなると、
相手の好みなども考慮したいですし、
贈るなら失敗は避けたいと思います

そこで、最近人気なのが

「ギフトカタログ」です。

img61370203

とくに40代にもなると
身につけるものも持ち物も
こだわりを持っている方も多い年代。

カタログギフト
なら相手に選んで頂けるので安心です。

少し前にはカタログギフトは
「味気ない贈り物」
という人もいましたが、
最近では

「必要なものを選べるので嬉しい」

と人気の贈り物として定着してきています。

 

あまり難しく考えてしまうと、
何を選んでいいかわからなくなってしまうので、

あくまでも「感謝の気持ち」ということを

20130326_1068110

心に留めて選べば、
きっと上司にもそれが伝わると思います。


Sponsored Link