おいしいあさりを食べるには
砂抜きが必要ですよね。

しかし、砂抜きをしたのにも関わらず
なかなかあさりが開かない
ということはありませんか?

砂抜きしてもあさりが開かないのには
きっと原因があるはず。

その原因を知って
開かないあさりをぱかっと開けちゃいましょう!

 

あさりの砂抜きの水をチェック!

あさりが開かないときに
まずチェックしてもらいたいのが
あさりの砂抜きをしている水です。

それ、ちゃんと海水ですか?
えっ、水道水や塩水じゃダメなの?
という人、それは間違いです。

あさりは海水それに近い塩分濃度の水でなければ
砂抜きがうまく行えず
ちゃんと開かないという事態になってしまいます。

海水の塩分濃度は約3~3.5%です。
1Lの水に30~35gの塩を入れると
同じくらいの塩分濃度になります。

水が500ccであれば15~17g
大さじ1と少しというくらいですね。

あさりの砂抜きを行うときには
海水かそれに近い塩分濃度の水を使いましょう。


Sponsored Link

あさりの入れ方、水の入れる量、大丈夫?

次にチェックするのは
砂抜きするときのあさりの入れ方水の量です。

あさりは、平たい容器に
重ならないようにまんべんなく広げます。
重ねてしまうとぱかっと開きにくいからです。

また、水の入れる量も
多すぎてしまうと砂抜きができません。

あさりの頭が少し出るくらい
ひたひたに水を入れます。

また、砂抜きを行う場所も大切です。
あまり温かいところだと
あさりが死んでしまいます。

そうはならないように、
暗く涼しいところに置いておきましょう。

おすすめは冷蔵庫です。
特に夏場は必ず冷蔵庫に入れてください。

砂抜きをして水が飛ぶので
上に新聞紙をかぶせ
呼吸ができるよう少し開けておきましょう。

それでもダメならあさりが死んでるかも・・・

ここまでしても
あさりが開かないというときは
もしかするとあさりが死んでいるかもしれません。

死んでしまったあさりというのは
火を通しても開くことはありません。

自然に開かない貝を無理矢理開けて食べる
なんてことは絶対しないでください。

死んだ貝を食べると食中毒になりやすいので
絶対に食べてはいけません。

貝というのは腐っていくのが早いので
なんらかの影響で死んでしまうということはあります。

開かないあさりは捨てて
開いたあさりだけを食べるようにしましょう。

 

おわりに

あさりが砂抜きをしても開かないときの
原因と解決法をご紹介しました。

あさりの砂抜きは絶対にしなければならないこと。
それと同時に絶対してはいけないことが
開かないあさりは食べないということです。

まずは、正しい砂抜きをしているかチェックして
それでも開かないあさりは

もったいないですが
食べずに捨てることを選択しましょうね。


Sponsored Link