早いもので、12月突入ですね!

12月の月末、
そう大晦日に食べるものといえば

“年越しそば”
ですよね。

img_0

みなさんは、
その年越しそばが、

節分が由来している

って知ってましたか?
今回は、
そんな節分に食べる

「節分そば」の由来

節分そばを
カンタンな工夫
美味しく食べる方法

いくつか紹介します。

節分そばって?

先ほどもふれましたが、
一般に「年越しそば」といえば、

12月31日の大晦日に食べるそば

のことを指しますよね。

けれども、
この一年の最後の日に食べるそばを

年越しそばと
呼ぶようになったのは、
意外と新しいことのようですよ。
少なくとも
江戸時代の後期には、

大晦日ではなく
節分に食べるそばを年越しそば

と呼んでいたそうです。
なので、

”節分そば”

は、由緒ただしい文化なんですよ!

title

それに対して

大晦日に食べるそばを
年越しそば

と呼んでいたというものは、

江戸時代の史料では、

いまのところ
みつかっていない
ということです。

 


Sponsored Link

節分って?

節分とは、

季節の変わり目
もしくは
分かれ目のことです。

立春、立夏、立秋、立冬
のそれぞれの前日
をあらわしています。

したがって、
本来は
一年に4回
の節分があるわけですが、

とくに
立春の前日を現在、
節分と呼ぶようになっています。

有名な風習として、
節分の日の夕方

ヒイラギの小枝に
イワシの頭
を刺して戸口に立て、

00be61b7cf0e86458f9b2f261606b536

炒り豆(鬼打豆)をまいて

20100203_1624606
悪疫退散、
招福を願う行事があるのは、

ご存知のとおりですよね。

もともとは
7世紀末に中国から伝わった
宮中の年末の行事だったようです。

それが江戸時代頃から民間に広まって
立春の前日に行う清める行事となったのです。

立春の前日の節分は

大寒の最終日

つまり冬から春への節目の日である。

そのため江戸時代には、
大晦日ではなく節分を本当の年越し
(立春が年の改まる日)
という考え方がありました。

節分に食べるそばを年越しそば

と呼ぶようになったのです。

まさにこれが
”節分そば”の由来
といえますね

setubun

美味しく食べるアイディアはこれ!

手の込んだものは、面倒ですので
今回は、
簡単に味わえる工夫を
ご紹介しますね!

 

まず初めは、

大根と一緒に食べる方法。

おれは、
大根の千切りとそばを一緒に食べるものです。

f414efc5

食べ方は、
普通のそばと全く一緒です。

唯一違うのが
大根とそばを同じ麺のように
いただく食べ方です。

味自体は
大根が入っているのはわかりますが、

”おろし蕎麦”と同じ味がします。

アッサリ目で美味しくいただけますよ!

この食べ方は、
栃木県の佐野市での郷土料理のようです。

188b34f5

ヘルシーで、
手間はほとんどなく
味が変わるのでたのしめます。

カンタン鶏蕎麦!

そばのかけ汁

鶏ももをスライスしたものを

一緒に火がとおるまで
煮込みます
20090105_02

そして、温めた蕎麦にかけて食べます。

 

味は、アッサリ目の鴨そばのような感じで

少し濃厚で美味しいですよ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

節分そばの由来がわかっていただけたと思います。

その由来が古い伝統にあったことを知って
より美味しく食べれたら良いのにと思い、

普段作っている簡単ワザをご紹介させていただきました。

みなさんも、折角なので独自の
節分そばの楽しみ方を考えてみてはいかがでしょう!

家族そろって無病息災をいのることは、

悪い事ではないですよ。

 

 


スポンサーリンク

記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!