もう直ぐバレンタインデーですね。

海老で鯛をつるという、たくましい方とは別に
本命の彼に、なんとか気持ちを伝えたいという方もいらっしゃいますよね。

ただ、もしホワイトデーにお返しをくれないという事だったら
それはどういうことなのでしょう。

 

結論

残念ながら脈はありません。
普通はたとえば義理であっても
もらった事実に対してお返しをしたいと人は考えます。 

それが、自分の意中の人であるのならなお更です。
何故かというと、その人と話す機会が欲しいからです。

では、お返しをくれない理由を考えて見ましょう。

 


Sponsored Link

1、本気にされると困る

男女に関係なく物を貰うということは心理的負担を背負う事になります。

ですから、人はお返しをしたがるのです。

しかし、それでもホワイトデーのお返しをくれないという事は
その心理的負担よりも、お返しをした方がデメリットがあるという事です。

その一つに、こちらは何気なく接しているつもりなのに
じわじわと迫ってくるタイプの方。

つまり男性側として、面倒くささを感じる方です。

勘弁

このタイプの方にお返しをすると、
変に期待を持たれ、付きまとわれてしまうのではないか
考えてしまいます。

相手の負担になっていないかもう一度考えなおしましょう。

 

2、貰う事が当たり前と思っている

この場合は、相手との距離感によって違います。

ただし、芸能人でもない限り
例えばホストでも金額の大小にかかわらず
何がしか返す場合が多いと思います。

しかし、お返しをくれない可能性も多々あります。

何故なら、貴方の上げたチョコは
完全にその他の一つだからです。

返してもらう事を期待してはいけません。

 

3、われ関せずタイプ

そもそも、バレンタイン、ホワイトデーに興味がないタイプです。

ただし、この場合だけはもしかしてお返しをくれないとしても
恋愛対象として相手側はとらえている可能性がかすかにあります。

ただし、その恋愛もいわゆる甘く切ないものではないでしょう。

恋愛感情があるとして、
貴方を家族とか自分の生活の一部分と捉えています。

やはり、返してもらう事を期待するべきではないでしょう。

 

チョコを渡したのは無駄だったのか

さて、ではチョコはやらない方が良かったのかと言う話になりますが、
それは違うと思います。

基本、人は人に自分の行動の見返りを求めます。

それは確かな事ですが、
貴方が、チョコなどを準備し、成り行きを想像していた時

渡すまでの破裂しそうな緊張感。

それらは、その行為自体に価値があります。
あとから考えても、その時の気持が現実のように蘇ってくるはず。

チョコ渡す

それだけ、心が動き、脳内興奮物質を出したという事です。

ホワイトデーのお返しは単なる物質的おまけです。

お返しをくれないからと言って下を向いてはいけません。
貴方が欲しいのはクッキーではなく相手の気持ちなはず。

残念ながら、想いがかなわったとしても
行動を起こした事に悔いはないと思います。


スポンサーリンク

記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!