コネクションズ(ConeXions)

知恵と知恵を人生に繋げるコネクションサイト

節分には、なぜいわしを飾る?食べる?

   

Sponsored Link

節分には、豆まきをして、恵方巻きを食べて、

そして、いわしを飾りますね。

ですが、節分にいわしを食べる地方もあるようです!

9236a7_e6244c4ef7660b8134d84694c5f07d87_jpg_srz_476_331_75_22_0_50_1_20_0

 

節分とは

 

節分の本当の意味は、

各季節の始まりの日「立春・立夏・立秋・立冬」の前の日

という意味です。

 

「季節を分ける」という意味だったそうです。

 

江戸時代から

節分=「立春」の前の日を指すようになりました。

 

それは、節分の4つの季節の中で

「立春」の前の日が一番重要だとされてきたからだと

考えられています。

 

それが、今でも季節の行事として

残っているのです。

節分いわしとは?

 

節分といえば、豆まき・恵方巻きが定番ですが、

もうひとつの定番といえば、節分いわしですね。

20140108-135522

 

私は、豆まき・恵方巻きのみで、

節分いわしは行ったことがないので、

あまり定番という気がしませんでした笑

 

ですが、節分の時に

「いわしの頭を柊の枝に刺したものを玄関に飾る」

というのが、定番の節分いわしです。

 

これは、

鬼の嫌いなものといわれていた

「臭いいわしの頭」と「痛い柊のトゲ」を組み合わせ、

 

家の戸口に置いて、

鬼の侵入を防ぐ「焼嗅」という習慣なのです。

903

 

「焼嗅」と書いて、「やいかがし」と読みます。

また、いわしの頭を柊の枝に刺したものを柊鰯鰯柊と呼ぶこともあります。

 

昔から匂いのキツイものや尖ったものを

厄払いに用いていたものの名残ですね。

 

節分にいわしを食べる?

 

節分いわしとは、玄関に飾るものですが、

Sponsored Link

西日本ではいわしを食べる習慣があるそうです。

 

これは、節分いわしの由来である

鰯を焼くと出る煙とにおいで邪気はらいも意味しています。

 

また、

いわしにはDHAやカルシウムなど栄養が豊富なので、

そのいわしを節分に食べることで、

健康や無病を願うという意味合いも込められているそうです。

 

主に、

いわしの丸干しを食べるといいます。

P1280240

 

いわしというだけでなく、

丸干しとあらかた決まっているのですね。

 

この習慣は、

「いわしの頭も信心」ということわざの由来にもなっています。

 

風習がことわざになるなんて、すごいですね!

 

いわしの栄養

 

無病を願って食べるいわし。

では、実際どんな効果があるのでしょうか?

 

一番の特徴としてはいわしに含まれる脂肪です。

いわゆる青魚に多い不飽和脂肪酸のEPAやDHAが豊富に含まれています。

 

これらの不飽和脂肪酸は血中コレステロールを下げ、

血液をさらさらにしてくれる働きがあるので、

脳血栓や心筋梗塞を予防する効果が期待されます。

 

特に高脂血症と言われた方は

積極的にいわしなどの魚料理を摂っていただきたいものです。

 

また、DHAは脳細胞を作る材料でもあり、

脳や神経の働きを良くする作用も持っています。

 

他にもカルシウムとその吸収を高めるビタミンDや、

成長を促進し、細胞の活性化を助け、

健康な皮膚や髪、爪などを作ってくれるビタミンB2も多く含まれています。

 

栄養たっぷりないわし!

昔から伝わる風習には、

先人からの健康に過ごすための教えが詰め込まれているのですね。

 

今年も美味しいいわしを食べて、

鬼を寄せ付けない体を作りましよう!

img_2

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link

 - 行事 , ,