ひな祭りによく歌われる曲があることはご存知かと思います。
ですが、歌詞の意味まで知っているという人は
ごく少数ではないでしょうか?

ひな祭りの歌と言えば


Sponsored Link

c346d46d0a9bd787f8414eb3c4ef781c_m

聴いたことがないという人はいないと思われるひな祭りの歌は
「うれしいひなまつり」という歌です。

ひな祭りという女の子のお祝いに流れる歌なので
おめでたい雰囲気をさらに盛り上げる歌だろうと思われ

あまりよく意味を考えずに歌われがちですが
実は、作詞家のお姉さんに対する悲しい気持ちが込められた歌なのです。

曲調のせいで、海外では「ひな祭りなのに寂しい歌だ」と言われているようで
それを否定する日本人もいるようなのですが
もともとこの歌は寂しい歌だというわけです。

 

歌詞に込められた意味とは?

歌詞の中に
「お嫁にいらした姉さまに よく似た官女の白い顔」という一節があります。

これは嫁ぎ先が決まった食後に結核で亡くなった作詞家の姉を表している歌詞で
白い顔というのは結核で苦しんでいる状態の
病床のお姉さんの様子を描いています。

この歌詞に込められた意味とは
作者から亡きお姉さんへの思いなのです。

 

歌詞に間違いが発覚?

0efc9107814d7615934ba1013f791064_m

このひな祭りの代表的な歌の歌詞に間違いがあるという声が広まっています。
「右大臣が白酒を飲んで顔が赤くなった」
といった歌詞があります。(著作権のため、正しい表記はできません)

雛人形がお手元にある方は確認してもらいたいのですが
お酒を飲んで顔が赤くなってしまったのは
右大臣ではなく、左大臣なのです。

また、「お内裏様と~お雛雅~」という歌詞がありますが
こちらも正しい表現ではないようです。
実は、お内裏様とは、男雛と女雛の総称のことなのです。

さらにお雛様という言葉の意味も
女雛のみを表す言葉ではないという考え方もあり
指摘の声があがっている歌詞でもあります。

 

作詞家はどう考えているのか?

今はすでに亡くなっておられるため
上記の歌詞の意味について正しいことは誰にもわからない状態です。
ですが生前、作詞家はこの歌をあまり好きではないと言っていたようです。

上記のような指摘の声があがったからなのか
歌詞の出来がそれほど良いと思えなかったのか
歌詞の意味が正確にまわりに伝わらなかったからなのか

こういった様々な説がありますが
正しいことはご本人にしかわかりません。

いずれにしても、華やかな雰囲気を彩る意味の歌詞だと思っていたら
意外にも亡くなったお姉さんのことを想って作られた歌詞だったなんて
ちょっと意外ではありませんか?

また、既にひな祭りの歌として浸透している歌の歌詞の意味に
このような間違いがあったことも衝撃ですね。

歌詞の意味とともに
ひな祭りや雛人形の正しい解釈を伝えていく必要がありそうです。

 


スポンサーリンク

記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!