ひな祭りといえば3月3日と思われる方が多いと思いますが
実は地域によって違いがあることをご存知でしょうか?

 

ひな祭りの日にちについて

9752e2320062fb3372c95a9c411d21cc_m

桃の節句として毎年お祝いされる行事の1つ、ひな祭り。
3月3日の給食には「ひなあられ」が出るなど
小さい頃からこの日にちがひな祭りの日だと思われている方も多いようです。

しかし、地域によって様々な考え方があり
必ずしも3月3日に行なわれる行事ではないのです。

たとえば旧暦の3月3日にあたる日にひな祭りを行なう地域や
現在の暦の3月3日よりも1ヶ月遅い日にち
つまり4月3日に行なうという地域があります。

4月3日にひな祭りを行なう地域としては
寒冷地域である北陸や東北地方が多いようです。

また、県内がすべて同じように日にちをずらしているわけではなく
一部のみが違う日にちでお祝いをしているというように
細かな地域ごとの差があるようです。

 


Sponsored Link

どうして地域によって日にちが違うの?

これは、地域ごとの考え方の違いから生まれたもので
ひな祭りに限らず、どの行事によっても地域ごとの日にちの違いはあります

明治時代に太陰太陽暦から太陽暦へと変わった際
変更前と変更後の暦では新年の時期も違うため
季節感にずれが生じることとなりました。

本来の日にち通りの3月3日で行なうものと
1ヶ月遅れの日にちで行なうもの

そして、旧暦の3月3日を基準に計算した日にちで行なうもの
現在は、この3つがあります。

その地域ごとの風習があったり
いきなり変わった暦についていけないなどの考えがあったりした結果
このような日にちの違いが生じました。

 

地域によって日にちに違いがあることについて

 

ひな祭りは桃の節句とも言われ
雛人形には桃の花が添えられています。
けれど、今の時代、桃の花と梅の花の違いが分かる子どもがどれくらいいるでしょうか?

また、3月3日の時点で
日本全国、一斉に桃の花が咲いており
桃の節句といえる気候であるかというと、そうではありません

ですから、3月3日の日にちを迎えたからといって
機械的にお祝いをするのではなく

その地域ごとに合わせて行事を行なうようになったことは
ごく自然な成り行きだと思います。

 

私の住んでいる地域や周りの地域では
ひな祭りの日にちは3月3日で統一されているため
日にちが異なる境界線がすごく気になります。

桃の花が咲いている時期に桃の節句ができるというのは
とても良いことなので

どの地域でも、気候を重視して行事を行なえればいいのになと
個人的には思います。


スポンサーリンク

記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!