雛人形を飾って節句をお祝いしたら
    次は片づける時期を意識しましょう。

    片づける日はいつがいいのかなど、いろいろ調べてみました。
    ご参考にどうぞ。

     

    まず、地方ごとの風習を知る

    8ad23b2e236ab77707684138c4acb447_m

    雛人形を飾る風習は日本各地でありますが
    いつ飾り始めて、この時期までに飾り終えましょうという
    独自の風習が残る地域もあります

    旧暦をもとに考える時期と新暦をもとに考える時期とでは
    日にちが違ってきますので、この確認は重要です。

     


    Sponsored Link

    雛人形を片づける日の目安は?

    新暦を基準に考えるのであれば3月の中頃までの時期
    旧暦であれば、4月の中頃までの時期に
    片づける日をお考えになっておいた方がいいでしょう。

    また、上記のような風習がない一般的なご家庭の場合でも
    ひな祭りの2週間後には片づける日を設けた方がベストです。

    春は学期末や新学期を控え
    お仕事や地域での当番、幼稚園や小学校での行事など
    お父さんお母さんは大忙しのことと思いますが

    ひな祭りは季節ごとの行事の1つであり
    いつまでたっても雛人形を飾ったままでいるというのは
    あまり良いことではありません

    「雛人形は早くしまわないと、結婚する時期が遠のいてしまう」
    といった言葉を耳にします。
    もちろん根拠のない言い伝えではあります。

    ですが、子どものことを想うのであれば
    忙しい中でも雛人形を片づける日を設けなさいということなのでしょう。

    雛人形を飾り終えるとホッとしてしまいますが
    すぐに片づける時期も意識し始めておくことも親の務めです。

     

    特にどんな日がおすすめ?

    f24d33dc79b76297976954272f81891c_m

    雛人形を片づける日としておすすめなのは、お天気が良い日です。
    お天気がいい日は湿気が少なく
    雛人形に使われている絹にとって適した環境だからです。

    ただ、天気が良い日でも
    ここ最近は黄砂の影響を受ける日も多くなってきました。

    せっかくの収納が台無しになってしまってはもったいないので
    黄砂の時期までに片づける日を設けておくか

    何日か余裕をもって
    あらかじめ雛人形を片づける日を決めておく必要があります。

     

    いずれにしろ何よりも大事なことは雛人形を大切に片づけ
    来年もまた同じように飾ることができるようにすることですので
    片づける日を柔軟に対応させていきましょう。

    雛人形を片づける日、どんな日が適しているかはおわかりいただけたかと思います。
    天気の良い日を1番に考え、行なっていきましょう。
    片づけの時期を早めに意識することが大切です。

    「婚期の時期が遅くなる」はあくまでも迷信ですが
    ここまで言い継がれるには何かあるようにも思いませんか。

     


    Sponsored Link