せっかく買った雛人形、いつまでも飾り続けられるように
大切に収納しておきたいものですよね。

そこで、雛人形の正しい収納方法について
お話したいと思います。

 

雛人形を段ボールに収納してもいい?

可能であれば、段ボールではなく
桐の箱で収納することが望ましいといえます。

桐の箱がいいのはわかっていても
価格もそれなりにしますし

なによりも重いしかさばるものだし・・・
とためらわれるお気持ちもわかります。

ただ、雛人形は非常に高価で価値のあるものであり
せっかくの雛人形を収納方法で台無しにしてしまうのは
非常にもったいないことでもあります。

ベストな収納で長い間雛人形を飾れるようにしてあげることも
親としての重要な役目かなと思います。

 


Sponsored Link

では、どうしても段ボールでの収納はだめ?

9b6f49409ffb4500f75d272b472eaaa3_m

本来は桐の箱で収納することをおすすめいたしますが
定期的な交換をするという前提であれば
段ボールでの交換も可能となっています。

椴ボールの収納方法以外には
ビニール袋やプラスチックケースなど様々な方法がありますが
避けておいた方が無難ですので、おやめください。

桐の箱が無理であれば、段ボールの収納。
これ以外の収納は、せっかくの雛人形を台無しにしてしまいます

 

収納方法は?

雛人形を桐の箱や段ボールに詰める前に
いくつか、しておかなければいけないことがあります。
それは雛人形のお手入れです。

雛人形の汚れを羽のはたきで落とし
柔らかい布で汚れをふきます。

この際、手の皮脂がつかないように
手袋をして雛人形を扱うようにしてください。

そうしないと痛んでしまう原因となり
せっかく収納方法が正しくても雛人形の美しさが失われてしまいます。

あとは、顔の部分を柔らかい布やティッシュで包み
その上から胴体も包んで
桐の箱や段ボールに詰める作業へと移ります。

桐の箱や段ボールの中が動かないように
詰め物を入れて固定することが肝心です。
防虫剤を入れたら完成、適した場所に収納しましょう。

 

雛人形の収納場所として適している場所とは?

b587a0ebca63ca4791fbc363e52bb2bd_m

温度差があまりなく、直射日光が当たらない
風通しのいいところがベストと言えます。
つまり、湿気が良くないわけなのです。

可能であれば、1年に数回、外に出して喚起を行なうことが望ましいですが
なかなかそこにまで手が回らないというのが現状かと思われます。

桐の箱であれば、中身まで湿気を通さず保管できるので理想的なのですが
段ボールでの収納の場合は、できるだけ喚起を意識するか
上記のような適した環境での保管を心掛けることをおすすめいたします。

段ボールって使いまわしても大丈夫?

雛人形を購入した際の段ボールに
そのまま収納するというケースが多いかと思われます。
しかし、何年も同じ段ボールで収納し続けるというのはおすすめできません

かといって、適当な段ボールを手に入れるのも難しいしどうしよう
こんな風にお悩みの方もおられるのではないでしょうか?

そんな方におすすめしたいのが
雛人形の収納ケースをオーダーメイドで作ってくれるという会社です。

収納する押入れや物置のサイズに合わせて
また人形の数や大きさに合わせて箱を設計し
使いやすい段ボールを作ってもらえます。

これで詰め物をする手間も省けますし
雛人形もきれいに収納することができます。
ぜひ、ご検討ください。

 

大切な思い入れのある雛人形を
いつまでもお手元に置いておくために
正しい収納方法での保管は大切ですね。


スポンサーリンク

記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!