女の子が誕生したなら
初節句には雛人形を飾ってお祝いしたいものですよね。

雛人形を買うならいいものを買いたいけれど
どのくらいの価格が相場であると言えるのか
悩んでしまう方も多いと思います。

そこで、雛人形の相場について
お調べした結果をご紹介したいと思います。

 

雛人形の相場はどのくらいの価格なのか?

a0728_000047_m

雛人形は様々なタイプがあり
平飾りか段飾りか
それとも七段飾りかによっても価格は変わりますし

人形の数や、装飾品の有無などによっても違うので
一概に雛人形の相場を割り出すということは大変難しいため
ここでは雛人形のタイプ別にご紹介していきたいと思います。

まず、一般的に親王飾りと呼ばれている
お内裏様とお雛様が並んでいるタイプのものは
5万~20万円ほどが相場であるとされ

同じく、お内裏様とお雛様、そして三人官女、御所車などが
三段で飾られた三段飾り8~30万ほど

これに左右大臣が加わり七段になったものは七段飾りと言って
相場が20万~100万以上するものがあります。

有名な作家さんが手掛けた雛人形となると
たとえ平飾りでも価格は高くなります。

 


Sponsored Link

実際に平均的な購入価格は、どのくらい?

a0790_001082_m

雛人形のタイプを問わず平均的な価格を割り出すと
20万円ほどというデータがでています。

ただし東京などの都心部ではこの相場よりも
やや低めの価格の雛人形が売れる傾向にあり
一方、地方では大きな雛人形が売れる傾向にあります。

 

質を落とさずに雛人形の価格を抑える方法とは?

できるだけ価格は抑えたいけれど
せっかく買った雛人形の見た目が貧相になってしまうのは嫌ですよね。
そのような場合におすすめの解決策が1つあります。

それは、雛人形を三段飾りにするということと
金屏風と緋毛氈(ひもうせん)のタイプを選ぶことです。

金屏風ですから華やさはありますし
なんといってもこのタイプは日本の伝統的な雛人形のかたちですから
価格を抑えるために選んだとは思えないほどです。

しかしこれだけで
木製の段や屏風タイプの相場よりも
3~5万は価格が抑えられることとなります。

雛人形は1年中飾るものではありません。
ですが、何度も買い直すものではないので
それなりのものを買ってあげたいと思うのも親心。

この雛人形の相場を高いと感じるかどうかは、人それぞれです。
今はネットショップやオークションでも手に入る時代ですから
相場に関係なくお気に入りのものを納得のいく価格で手にいれましょう。


Sponsored Link