「節分そば」をご存知でしょうか?
    その名の通り、節分に食べるお蕎麦のことなのですが

    この節分そばの由来を探ると
    おもしろいことが分かってくるのです。

     

    節分そばとは?

    ad01ee5bd969081ac0efc504411dd104_s

    節分にお蕎麦を食べるというと
    少し違和感を感じてしまう方も多いのではないでしょうか?

    昔は節分そばを食べる風習が広まっていたようで
    実際に江戸時代の後期の史料には
    節分そばを食べる習わしがあった事実が記載されています。

    けれど、節分そばの由来を探ると
    さらに興味深いことがわかりました。

    実は昔、節分そばは「年越しそば」と呼ばれて
    節分行事の炒り豆やヒイラギの枝に鰯の頭を刺したものなどと同じように
    立春の前日に各家庭で用意されていたものだったのです。

    そうです、この年越しそばが
    節分そばの由来となっているのです

    現在のように
    大晦日に食べる蕎麦のことを年越しそばと呼ぶようになったのは
    まだ最近のことなのです。

    節分そばと年越しそばには、こんな由来が隠されていました。

     


    Sponsored Link

    どうして節分そばは、年越しそばと呼ばれていたの?

    昔の人は節分を大事な節目と考えていました。

    節分とはまさに季節と季節のかわりめの日のことで
    1年に4回あります。

    立春、立夏、立秋、立冬のそれぞれの前日が節分なのですが
    一般的に節分と言えば立春の前日の日のことをさします。

    立春の前日とはいわゆる大寒の最終日であり
    冬から春へと季節が変わる日です。

    昔はこの立春が新たな年がスタートする日と考えられていたため
    その前日に食べるお蕎麦を年越しそばと呼んでいたわけなのです。

    こうした由来をたどっていくと
    1つ1つの風習の重みが感じられ
    とてもおもしろいですね。

    今の現代人の大晦日の間隔が
    まさに昔の人の節分の日と同じなんですから
    大切な日と考えていたのも納得できますね。

     

    年越しそばと節分そば、ちょっと混同してしまう・・・。

    9c1e3b34d40d39d3d99ee45d0fabf6eb_s

    年越しそばが由来となり
    節分そばが生まれた経緯はお話した通りです。

    今では年越しそばというと大晦日に食べる蕎麦を指すことが多いですが
    昔は節分に食べる蕎麦を年越しそばと呼んでいたため
    大晦日の蕎麦は「大晦日そば」と表現していたそうです。

    また、大晦日に1年を振り返り反省しながら食べるという考えが由来し
    大晦日そばの他に「思案そば」という呼び名もあります。

     

    こうして蕎麦1つ1つの由来を知ると
    まるで七五三を迎えるような、誕生日を迎えるような感覚で
    節目まで健康で生活できた喜びに感謝して頂くことができますね。

    節分そばは、現在でも出雲地方では食べる風習が受け継がれており
    最近ではスーパーやお蕎麦屋さんが
    簡単に節分そばの由来のポスターなどを掲示して販売しているようです。

    みなさんも節分そば、いかがですか。
    節分そばの由来をぜひご家族にお話してみてくださいね。

     


    Sponsored Link