Sponsored Link

nayamu

アスペルガー症候群」とは、「知的障害のない自閉症」とも呼ばれている発達障害です。アスペルガー症候群には、以下のような特徴があります。

1.アスペルガー症候群の特徴

・「変わり者だ」「常識が無い」と言われ、周囲から浮いてしまいうまくやっていくことができない
・仕事で同じようなミスを繰り返してしまう
・仕事でしたミスから学習することができない
・ぶしつけな発言をしてしまう
・会話が一方通行である
・仕事の手順がわからないときも、上司や同僚に訊けばいいという発想がわかず、結果としてミスをしてしまう
・仕事などでミスをして注意されても、あいまいな表現が理解できず、額面通りに受け取ってしまう

知能が高い方が多いため、学生時代は成績がよく問題も起きにくいアスペルガー症候群ですが、仕事を始めてからこのようなミスが多くなり、障害が発覚するケースが多いようです。
上記の要素にあてはまり、自分がアスペルガー症候群ではないかと思ったあなたはすぐに発達障害に詳しい専門医を受診しましょう
もし自分が上記のように仕事でミスをするようでしたら、対処法がいくつかあります。
あくまでも素人が考えた対処法にすぎないので、詳しいことは専門医に訊くことをおすすめします。


Sponsored Link

1.アスペルガー症候群患者が仕事でミスを減らす方法

アスペルガー症候群の方が陥りがちな仕事上のミスのループを減らす方法を、簡単にですがまとめました。
仕事にミスがあまりに多いと思ったり、自分がアスペルガー症候群ではないかと思ったら実践してみてください。

・とにかくメモをとることを忘れない。どんなことでもメモをとる。
・なにか疑問に思ったりミスをしたらすぐにメモを見る。
・メモを見てもわからなかったら周りの人に「メモをしたのですがここがわからないんです」とわからない箇所を具体的に尋ねる。
・自分の周りを整理整頓しておく。
・わからないところがわからない時は「どこがわからないのか」わかるまでメモに書いて整理してみる
・何か発言する前に一瞬「これは言っていいことなのか」と一呼吸おく
・無理をして周囲にとけこもうとしない
・発言をそのまま受け取って一喜一憂しないようにする

仕事でミスを減らすには、とにかくメモをとること。メモを見ても判断がつかないときは周囲を頼ることです。
アスペルガー症候群に詳しい専門医の力を借りながら少しずつミスを減らしていきましょう。
そうすれば、アスペルガー症候群で悩んでいても仕事もできるようになっていくはずです。
まずは専門家に相談を


Sponsored Link