灯りを付けましょぼんぼりに
お花をあげましょ桃の花
なんて歌うのは雛祭りですよね。

女の子がいる家庭では
雛人形を飾るところも多いでしょう。

もともとセットになっている雛人形なら
そのまま飾ればよいですが
雛壇に並べるにあたって

男雛と女雛の左右はどっちなの?
と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

そんな雛人形の飾り方を
ご紹介します。

 

雛人形の雛壇での飾り方

まずは、左右どちらかということではなく
雛人形全体の雛壇での飾り方をご紹介します。

まずは一段目はお殿様とお雛様
男雛と女雛を飾ります。

二段目は三人官女です。
左は銚子を片手で持っている官女
真ん中は眉毛をそっている官女長
右は長柄銚子を両手で持っている官女
となっています。

三段目は五人囃子です。
左側から太鼓、太鼓(おおかわ)、
小鼓(こかわ)、笛、謡(うたい)となっています。

四段目は随臣です。
左が右大臣、右が左大臣となっています。
お殿様から見て右と左と並んでいます。

五段目は仕丁です。
沓台(くつだい)を持っている仕丁が真ん中、
左に台傘、右に立傘を持っている仕丁となります。

六・七段目は
その他の食器やたんす道具などを飾るのです。

 


Sponsored Link

関東と関西での雛人形の飾り方は?

関東と関西では
男雛と女雛の飾り方の左右が逆だと
されています。

雛人形を見る人に対して
関東では男雛が左、女雛が右
関西では男雛が右、女雛が左です。

日本ではもともと
左上座というのが最も位が高い人が座る
とされています。

しかし、雛人形側から見ると
男雛は右に座っていることになります。

男雛の方が位が高いとされているのに
どうしてなのでしょうか?

もともと雛人形ができた頃は
関西の雛人形、いわゆる京雛と同じように
男雛が右、女雛が左となっていました。

これだと男女の位からいっても
不思議はありませんよね。

しかし、時代は大正。
当時の大正天皇が西洋の文化を受けて

右側が上位という国際儀礼に乗っ取り
大正天皇が皇后陛下と並ぶときに
右側に立ったことから右が上位となりました。

これ以降、東京の雛人形は
男雛が右、女雛が左
向かってみると男雛が左、女雛が右となったのです。

左右がややこしくなってしまった人は
ちょっと図にかいてみると
わかりやすいでしょう。

 

おわりに

雛人形の飾り方の左右の違いというのは
実は日本の文化の流れというものが
関係していたのですね。

古い歴史を大切にしたい
という人は関西、京雛風にして

新しい時代の流れをくむなら
という人は関東風の飾り方をするなど
自分の考え方や住んでいるところによって

雛人形の飾り方を
考えてみると良いですね。

またいろいろな家庭で
飾り方も変わってきているでしょうから

いろんな家庭の雛人形を見てみると
楽しいかもしれませんね。


スポンサーリンク

記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!