Sponsored Link

2月3日節分の日
豆まきをしたり恵方巻きを食べたり
という印象が強いですよね。

実は、いわしヒイラギ
節分の日に深く関わっているというのです。

そんな節分の日に関わる
いわしとヒイラギについてご説明します。

 

節分といえば?

節分といえば
皆さんはどんなことを思い浮かべますか?

鬼は外、福は内
といって豆まきをしたり

恵方巻きをその年の良い方角に向かって
一本丸ごと食べたりなどなど

節分独特の
風習という物がありますよね。

家族と一緒に節分を過ごして
年の数だけ豆を食べて
その年の厄払いと福を祈ります。

また、小さい頃に幼稚園や保育園で
イベントとして祝うことも!
いろんな節分の過ごし方がありますよね。

もともとは立春といって
旧暦の新しい年の始まりを

祝うものでしたが
現在では上記のような風習だけ残っていますね。

何か派手な行事という
わけではありませんが
日本の文化として大切な行事ですよね。

 


Sponsored Link

節分のいわしとヒイラギとは?

節分の日には上記以外にも
ヒイラギの小枝にいわしの頭をさして
門口に飾っておくという柊鰯というものがあります。

もともと、節分の魔除けとして
柊鰯が使われていました。

鬼が嫌いだから鬼払いのために
豆まきをするといわれていますが
実は、いわしとヒイラギも鬼が嫌いなものなのです。

鬼はいわしのの臭いにおいと
ヒイラギのチクチクとした棘
嫌いだとされています。

関西ではやいかがしやいくさし
などと言われることもあります。

柊鰯を飾るということから
いわしを体の中に取り入れて
鬼を払うという意味も込めて

節分の日に
いわし料理を食べるという
家庭も多いようです。

 

柊鰯はいつまで飾っておくの?

柊鰯は2月3日
節分の日から飾ります。

いつまでというのは
各家庭や地域によって
変わってくるようです。

翌日の2月4日までというところもあれば
2月いっぱい飾っておく
というところもあります。

また、節分は
立春のお祝いと言うこともあって

その1年間、つまり次の節分の日まで
飾っておくというところもあるそうです。

しかし、だんだん鰯が腐ってきて
臭いを放って近所迷惑になるので
長く飾っておくのは難しそうですね。

飾り終えた柊鰯は
そのまま捨ててしまってはいけません。

きちんと半紙に包んで塩で清めて
神社へ、そしてお焚き上げする
というのが一般的です。

飾っただけで満足せずに
その処理まできちんとすることが大切です。

 

おわりに

節分の日には
豆まきや恵方巻き以外にも
いわしやヒイラギが関わっていましたね。

ちょっと変わった日本の文化も
受け継いでいくことによって
次の世代につなげていきたいものです。

来年の節分には
柊鰯もしてしっかり
魔除けをしておきませんか?


Sponsored Link