2月3日節分の日は
    鬼は外、福は内
    豆まきをしますよね。

    保育園でも豆まきをしたり
    節分のイベントを開くところも多いでしょう。

    そんな節分の日に
    保育園児など小さい子に対して
    どうやって節分の由来を教えたら良いのでしょうか。

    節分の由来を
    保育園児に教える方法をご紹介します。

     

    そもそも節分の由来は?豆まきはどうしてするの?

    保育園児に説明する前に
    まずは正しい節分の由来を知らなければ
    教えることもできませんよね。

    節分というのは
    季節を分けるという意味合いからの言葉で
    季節ごとの節目です。

    2月3日というのは
    ちょうど立春の始まりなので
    春の季節の分け目というわけです。

    もともと春夏秋冬
    すべての節分があったのですが

    時代の流れと共に
    春の節分だけが残ったのです。

    節分の豆まきにも由来があります。
    鬼=陰、つまりは悪い物と捉えて
    鬼を払うために豆まきをします。

    鬼の目=魔目(まめ)
    豆を投げつけることで
    魔滅(まめ)=悪いことを滅する

    という意味合いがあります。
    これが節分と豆まきの由来なのです。

     


    Sponsored Link

    保育園児にどうやって節分の由来を教える?

    保育園児に節分の由来を教えるにあたって
    まずは立春などのことは
    省いても良いでしょう。

    鬼へ豆まきをする
    ということだけの方がわかりやすいです。

    保育園児へ伝え方としては

    • 難しい言葉× 簡単な言葉○

    • 言葉だけ× 絵も交えて

    • 物語性があること

    上記の点を気をつけながら
    節分の由来を伝えてみましょう。
    では、具体的な例をご紹介します。

     

    絵本・紙芝居

    保育園でもよく使われる
    絵本紙芝居だと
    節分の由来が伝えやすいでしょうね。

    抑揚をつけて読んだり
    子供が好きな絵のものを使って
    わかりやすく伝えることを心がけたいです。

    また、書店にも
    節分シーズンになると
    絵本や紙芝居が店頭に並びます。

    絵本や紙芝居が気になる人は
    ぜひ調べてみてください。

     

    エプロンシアター

    エプロンシアターも保育園児は大好きです!
    小さい頃、なぜかわくわくしたものです。

    絵本や紙芝居と比べて
    立体的で動きますし
    とってもわかりやすいんですよね。

    手作りで鬼や豆まきする子の
    人形を作っても楽しめます。

    またこちらも市販の物があるので
    チェックしてみてください。

     

    演劇

    演劇は大人が鬼のふりをして
    子供に豆まきをさせて
    どういう意味があるのかな

    ということを
    実演させてみる方法です。

    上記の見るだけで
    節分の由来を教えるというだけではなく

    自分も鬼をやっつけた!
    という達成感と一緒に
    ためになるということを教えてあげましょう。

     

    おわりに

    いかがでしたか?

    節分の由来や
    保育園児の教え方の
    参考になったのではないでしょうか。

    小さい頃というのは
    いろんなことに興味があります。

    ただ節分に豆まきをしていても
    どうして豆まきするの?
    どうして鬼は悪いの?

    いろんなことがなぜ?
    と思ってしまう年頃です。

    そんな気になるお年頃のうちに
    いろんなことを教えてあげて

    感受性の豊かな子に
    育ててあげてくださいね。


    Sponsored Link