バレンタイン

    バレンタインに職場でチョコを配る方も多いと思います。
    職場でチョコを配のは楽しいものです。が、あくまでも義理チョコは義理チョコ
    お返しのことも考えると、相手に気を遣わせない相場というものがあると思います。
    そこで、バレンタインに職場で配るチョコの相場について検証していきたいと思います!

    1.職場でのバレンタインチョコの相場とは!?

    バレンタインに職場でチョコを配るにしても、繰り返しますが義理チョコです。
    買うとしたら相手に気を遣わせない程度の値段の、日持ちするものを選びましょう。
    人数にもよりますが、だいたい一人頭500円程度が相場だと考えられます。
    お返しをする相手のことを考えると、そのぐらいの値段がベストかと思います。
    もちろん本命は本命で別に用意しましょう。
    あくまでも義理チョコですから、貰った相手が不満も心苦しさも感じない値段設定にするべきです。


    Sponsored Link

    2.豪華に見せよう!職場の女性で共同購入!

    一人で配るのではなく、バレンタイン前に職場の女性陣でチョコレートを共同購入するという手もあります。
    これなら職場内で相場に差が出ることもなく、出すお金も少なくてすむという一石二鳥の手段です。
    いちいちチョコ選びで悩むこともなく、むしろ話し合って決められるのでそれも楽しいかもしれません。
    もし女性の多い職場なら、この手段もおすすめしたいところです。
    どんな職場でもそれなりに人数はいます。一人一人でいちいちチョコを配っていたらコストもかかるもの。共同購入ならその煩わしさもありません。
    筆者おすすめのバレンタインの乗り切り方です。

    3.手作りで安く済ませよう!

    職場で配るバレンタインの義理チョコを安く済ませたいなら、手作りするという手段もあります
    材料費があまりかからないものを選べば、相場より安く済みます。
    チョコの材料にこだわったりラッピングなどに凝るとお値段が高くなってしまうので、そこに注意して作りましょう。
    手作りはそれ自体が楽しいので、こだわりすぎて結局チョコを買う相場より材料費などが高くなってしまった、などという事態がないように注意してください。
    手作りなら心がこもっている感じも出ますし、失敗のないよう注意して丁寧にラッピングをすればそれなりのものが作れます。
    バレンタインに職場で何を配るか悩んでいるみなさん、手作りを楽しんでみるのも悪くないと思いますよ。
    今回はバレンタインに職場で配るチョコの相場について書いてきましたが、参考になりそうでしょうか。
    貰う相手のことを考えて、ほどよい相場のチョコを選んで配りましょう


    Sponsored Link