毎年3月3日は

ひなまつり(桃の節句)です。

その雛祭り
に欠かせないものと言えば

雛人形でしょう。

今回は、
飾り方や方角さらには、
最近の雛人形事情についても紹介しましょうね。

 

雛人形の由来

3月3日は

「上巳(じょうし)」
「桃の節句」などと言われ、

厄を人形に移して祓った
流し雛」の風習がありました。

dai

それらが発展し、
女の子の健やかな成長と幸せを願う
現在の
「雛祭り」となり

雛人形を飾るようになりました。

7625b1c5ac3adc57a3b81f9f8d6c833b
また、
元々3月3日は、

年齢・性別関係なく、
草や藁〔わら〕で作った

人形〔ひとがた〕の体をなで
穢れ〔けがれ〕を移し、

健康を祈って災厄を祓うことを目的とした
農村儀礼が行われていました。
さらに、
平安貴族の
10歳くらいまでの子女は、

人形〔ひとがた〕を
貴族の日常生活を真似たごっこ遊びをする
目的に用いていたようで、
この遊びが後にひな祭りの雛人形になったとのことです。

 


Sponsored Link

雛人形の飾り方、方角は?

まず、
飾りはじめの時期
はいつがよいのでしょう。

通常、
立春(節分の翌日2月4日)から
2月中旬にかけて
が良いといわれています。


飾る場所は
どこがいいのでしょうか?

実は、この雛人形を出す時、

飾る時にもいくつかの注意点

があるのです。

まず、飾る場所ですが、

直射日光の当たらないところにしてください。

photo

雛人形は湿気や乾燥にも弱いので、
エアコンの風が当たるようなところも良くありません。

また、
出すときはやはり
部屋の掃除をしっかりしてから出すべきでしょう。
雛祭りの前日に飾るのは“一夜飾り”
というそうで、
絶対にやめましょう。

一夜飾りとは事の前日に準備をすることで、

正月の準備の悪い例などに用いられる言葉ですが、

雛祭りに対しても同じ事が言えるのです。

そもそも、
正月の一夜飾りが良くない理由は、

神様に失礼であり誠意に欠けるということと、
前日に準備をするということは、
葬儀と同じという意味で縁起の悪い
こととされているためです。

そう考えれば、
雛祭りの準備に対しても
同じことが言えるのがわかると思います。

特に、雛人形
子供の厄や災いを引き受けてくれる
大事なお守りの人形
なのですから、

出すときもきちんと誠意と感謝を持って扱いましょう。

飾るときの方角
一般的には
東向きか南向きがよいといわれます。

神棚などと同じですね。

これは一日が始まる
すがすがしい朝日や、
さんさんと降り注ぐ日中の太陽など、
万物を生育させる
陽の光が
充分にあたるようにするためです。

適当な場所がない場合は、
方角にこだわらず、

 

その部屋の静かな高い所
におまつりすることが大切です。

ただあまりこだわらなくても、
人形のサイズや
住宅の環境に合わせて飾ればよいようです。

 

最近の雛人形

最近の人気の雛人形は、
やはり住宅事情や利便性から

収納付きや
ケース入りのコンパクトのもの
が人気が高いようです。

case_rec02

売れ筋の相場
50,000円~120,000円くらい

のものが多いようですね。

さて、
昔から
3日を過ぎるとすぐに片づけてしまいます。
一般に雛壇は、
3月2日を「宵の節句」、
4日を「送り節句」
といってまだ出しておきますが、

5日を過ぎて
すぐ片づけなければ、

その家の女の子が
お嫁にいくのが遅くなるという言い伝えがあります。

雛人形自体がケース入りで
伝統からかけ離れたものが主流のご時勢で

片付けに関する仕来たりは、
関係ないかもしれませんが・・・

雛人形そのものが伝統であると同時に、
ひな祭りの形式も雛人形の装いも
時代を追って変化してきたのも事実。
より良い伝統を末永く受け継がれることが
望ましいことといえるでしょう。


スポンサーリンク

記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!