マシュマロ
バレンタインのお返しに、マシュマロをもらったことはありますか?
バレンタインのお返しの定番、マシュマロ。
けれどそこには意外な意味があるそうです。
果たしてその隠された意味とは?
その由来も含めて検証していきたいと思います!

1.バレンタインのお返しにマシュマロを貰った=「嫌われている」!?

実はバレンタインのお返しにマシュマロを贈ることには、「あなたが嫌い」という意味があるそうです。
この由来には諸説あります。

・マシュマロはすぐに溶けてなくなってしまうから
・チョコの入ったマシュマロだと、「あなたの気持ち(チョコ)」を柔らかく包み込んでお返しします」という意味になるけれど、そうでない場合はよくない

などです。

男性のみなさんが意中の女子にチョコレートを貰った場合、お返しにマシュマロは避けた方が無難なようです。


Sponsored Link

2.ホワイトデーはそもそも世界ではメジャーではない!?意外な由来

ホワイトデーは実は日本発祥の行事だということをご存知でしたか?
ホワイトデーの歴史は意外に浅く、昭和50年代頃にお菓子業界の広告によって始まったのです。
当時、日本でもバレンタインデーが定着し、自然にお返しの風潮も生まれていました。

これをお菓子業界が新たな記念日にしようと提案したのです。

「いただきものにはお返しをする」という習慣のある日本では受け入れやすかったようで、バレンタインデーにお返しする日として浸透していきました。

しかし、ホワイトデーの習慣があるのは日本と東アジア圏だけで、欧米ではこのような習慣はほとんどないようです。

福岡県の菓子店「石村萬盛堂」もホワイトデーの起源とされています。
バレンタインのお返しに、石村萬盛堂は「あなたの気持ちを柔らかく包んでお返しします」という意味を込めてチョコレート入りのマシュマロを販売しています。
気持ちを包み込んで返す。これは「あなたが嫌い」とは真逆の素敵な意味ですね。
こんな由来でバレンタインのお返しは三月十四日に、マシュマロやキャンディーやクッキーなどを返すようになったそうです。

ちなみにキャンディーをお返しした場合は、口の中で長く残ることから「あなたが好き」
クッキーのお返しはさくっとしていることからドライな関係ということで、「友達でいよう」
そんな意味があるそうです。

さて、バレンタインのお返しの意味、主にマシュマロについて取り扱ってきましたがどうでしたか?
男性はマシュマロを避けた方が無難かもしれませんね。


スポンサーリンク

記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!