冬になると女性が頭を悩ませ始める問題のひとつ、バレンタイン。
チョコの選び方はもちろん、ラッピングも悩みますよね。

「折角のバレンタインだから自分でかわいくラッピングしたチョコを贈りたい!」
「簡単なラッピングの仕方や、ちょっと一手間かけてかわいくなる方法はないの?」

そんなあなたのために、バレンタインに向けていくつか簡単なラッピングの仕方をこっそり教えちゃいます!

1.かわいい箱にリボンを二種類かけるだけ!「ボックスラッピング」

箱

リボンをかけるだけのラッピングの仕方「ボックスラッピング」

用意するのは箱と、太めのリボンを二種類。
まず箱に縦にリボンをかけて、箱の上で合わさるようにします。
合わさるようにしたリボンを、もう一つのリボンで結べば完成!

華やかに見えるし、箱とリボン二種類の組み合わせでいろいろなバリエーションができるラッピングの仕方です。
バレンタインにはもってこいのラッピングといえるでしょう。


Sponsored Link

2.透明な袋を上手に活用!「マスキングテープラッピング」

マステ

これも簡単なラッピングの仕方「マスキングテープラッピング」

用意するのは透明な袋と、お好みのマスキングテープ。

これはとても簡単なラッピングの仕方です。
生チョコやトリュフなど、小さめのお菓子におすすめです。

透明な袋に用意したお菓子を入れて、マスキングテープで封をするだけ!

応用編として、マスキングテープで袋を派手すぎない程度に飾ってもいいと思います。

バレンタイン、チョコを作るだけではなくちょっとラッピングに工夫をしたい。
そんな方にぴったりのラッピングの仕方だと思います。

3.透明な袋の活用その2!ブラウニーなどの焼き菓子に!「毛糸ラッピング」

毛糸

こちらはもう一つのバレンタインの定番、ブラウニーやクッキーなどの焼き菓子におすすめのラッピングの仕方です。

やり方はやはり簡単、透明な袋に焼き菓子を入れて、雑誌を縛るように好きな毛糸で縛るだけ!

お好みでマスキングテープ、リボンなどでデコレーションしましょう。

以上、バレンタインに向けて3つのラッピングの仕方を簡単に紹介しました。
今年のバレンタインはラッピングを少し工夫して、いつも以上に女子気分を味わってみてはいかがでしょうか。
友チョコ、義理チョコ、本命チョコ。バレンタインも十人十色です。
いつもより一手間かけたラッピングで、来年のバレンタインを素敵に彩ってみてはいかがでしょうか?
簡単なラッピングの仕方でも、少し差がつくかもしれませんよ。


スポンサーリンク

記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!