2月14日、バレンタインは女性から男性に愛の告白をする日

チョコレートと一緒に。

でも、気持ちを伝えるなら手紙を添えるのがいいのでは・・・!

 

手紙は嬉しい

実際、バレンタインに手紙をもらった男性は、

「こういうときじゃないと手紙なんてもらわないから、特別感があって嬉しい」
「普段メールばかりだからたまに手紙をもらうと嬉しいなーって思う」

という感想があります。

それに、男性は女性よりロマンティスト。

心にジ~ンとくることでしょう。

 

 


Sponsored Link

普段言えないことを・・・

普段顔を合わせると言えないことを手紙に綴りましょう。

メールでは伝わらない気持ちも手書きの手紙なら伝わるのではないでしょうか。

そして彼氏との距離もグッと伝わるはずです。

 

 

どんな言葉を綴ればいいの・・・?

なんて書けばいいのだろう・・・、どうやって気持ちを書けばいいんだろう・・・。

例えばこんなのどうでしょう・・・。

 

「大好きな〇〇くんへ」

「付き合って初めてのバレンタインだね。これからもヨロシクね♪」

「付き合って何回目のバレンタインかな・・・。これからもずっと一緒にいようね!」

「もっと素直な女の子になるように努力するね!これからもよろしくね✩」

「Happy Valentine’s Day! 」

「たまに喧嘩しちゃうけど、いつも大好きだよ!」

「〇〇くんと出会えてすごくすごく幸せです!これからも一緒に楽しいときを過ごせますように。」

「いつも仕事で疲れているのにわがままに付き合ってくれてありがとう。大好きだよ!」

「いつも支えてくれてありがとう」

「付き合い始めたとき以上に好きです。今度、旅行行きたいな。」

「いつも楽しませてくれて本当にありがとう」

 

自分ではなかなか考えつかないので・・・、

こんな言葉をネットで見つけました。どうでしょう。

「ハワイの海とかローマの遺跡とか  
そんなの誰と行ったって楽しいでしょう  
駅前の商店街で幸せが湧いてくるのはきっとあなたとだけね」

ささいなことが幸せだと感じるんだなー。

 

「『お前ほんまあほやなー』って笑う  
君の笑顔が見れるなら  
うちはいくらでもあほになるで。」

こいつ可愛いやっちゃ!て思うなー。

 

手紙は短く!

手紙は短いほうがグッとくるのです!

特にアラフォー女性なんかは、長い重い手紙を書いてはダメ。

ここに注意して!

・字を丁寧に書く
・相手を褒める。普段自負してるところを書くなど。
・くどい言い回しや形容詞は使わない
・「好き」ではなく「大好き」。「大」が大事

男性からみても、短く直球な手紙が心を打たれるようですよ!

 

さあ、あなたも芥川龍之介と文ちゃんのように愛を育みましょう!

 


Sponsored Link