街路樹の落葉が車道や歩道に舞い散る季節になりました。

皆様お変わりなくご活躍のことと存じます。

 

私、理容業をしながら記事を書かせて頂いております。

 

先ごろ年配のお客様から、節分にいわしを食べる理由など、由来についてお話を頂いました。

 

全く知らなかったのでとても面白く内容の深いお話でしたので記事ににしたいと思い筆を執りました。

 

 

よろしければお付き合いください。

19cf408f


Sponsored Link

節分にいわしを食べる理由とその由来

最近はあまり見なくなりましたが、日本では節分の日に、
柊の小枝と焼いたいわしの頭を組み合わせた飾り(柊いわし)を門口に飾る風習があります。

 

皆さんは、この柊いわしの意味を知っていますか?

 

節分の豆まきについては何となく知っていても、
柊いわしについて知っている人は少ないのではないでしょうか?

 

せっかく日本人として節分を迎えるのであれば、
豆まきだけではなく柊いわしについてもその成り立ちを理解して、
後世にもその意義を伝えていきたいものです。

 

柊いわしを実際に飾らないまでも、
いわし料理を節分の日の食卓に並べるだけでもいいでしょう。

20100130SetubunIwasi-1

 

 

 


Sponsored Link

節分にいわしを食べる理由とその由来


柊といわしを“節分”に飾るワケ

 

柊いわしが節分に飾られるようになったのは近世のことですが、
似た風習がすでに平安時代にあったことが『土佐日記』に記されています。

 

このように、臭いのきついものと尖ったものを魔除けに用いる習慣が日本にはありました。

 

節分も、同様の理由で柊いわしの飾りを用いるようになったようです。

 

さて、節分に家に訪れる恐ろしいもの、鬼の事ですね。

00-01

 

いわしを食べる時に出る煙で邪気を払う、又は、煙で鬼をおびき寄せて柊で鬼を刺す。

 

柊いわしには、いわしの頭を焼いた煙で鬼の邪気を追い払い、
柊の葉で鬼の目を刺すという意味があるのです。

 

柊いわしを見たことがないという方のために…柊いわしとは、このような形の飾りです。

27695fdc841044bae1fc6d9b712b2045

 

 

 


Sponsored Link

節分にいわしを食べる理由とその由来

現在では見ることが少なくなった柊いわしですが、
全国でも奈良県奈良市では今でもその習慣が根強く残っているそうです。

節分には、あちこちの家の門戸に柊いわしを見ることができるみたいです。

 

東京近郊では、柊の小枝、いわしの頭に加えて豆がらを一緒に飾る習慣があるそうです。

 

また、この風習からできたことわざのなかに、
『鰯(いわし)の頭も信心から』というものがあります。

 

これは、“いわしの頭のようなつまらないものでも、
信仰すればとても神聖なものに見える”という意味です。

 

このことわざは信仰心に対する不思議さを表現していて、
新興宗教などに対する皮肉のような形で使われる言葉です。

e9100a25

 

 

 


Sponsored Link

節分にいわしを食べる理由とその由来

上でご紹介した柊いわしに関連して、西日本では節分にいわしを食べる風習があります。

鬼の嫌いないわしの臭いを自分たちも取り込むことで、鬼から身を守ろうとしたのでしょうか?

たしかに、門口にいわしを飾るだけよりさらに効果がありそうな気がします

 

と言う内容のお話を伺いました。

iwasimaru2011_big
また、いわしには大変栄養があり素晴らしい食材です。

ここでイワシに含まれる栄養を紹介していきたいと思います。
いわしの栄養素(食材100g当たり)
・DHAが1.1g
・EPAが1.4g
・鉄が1.7mg
・カリウムが340mg
・カルシウムが70mg
・ビタミンB2が0.36mg
・ビタミンDが390IU

いわしの健康効果

いわしは栄養価が高い上に、ヘルシーな食品として健康効果が注目されている食材である。

 

いわしには、歯や骨の素となり骨粗鬆症を防ぐカルシウムと、
そのカルシウムの吸収を助けるビタミンDが両方含まれており、
成長期の子供や中高年の方にお勧めである。

 

また、いわしは細胞を再生したり健康な皮膚や髪をつくるのに必要なビタミンB2も多く含まれている。

 

 

さらにいわしには、EPAやDHAといった不飽和脂肪酸が、
青背の魚の中で最も多く含まれている。これらは血中のコレステロールや中性脂肪を減らす働きや、
脳の働きを良くしたり老化防止に役立つなど、主に生活習慣病(成人病)の予防効果がある。

 

 

加えていわしは、コレステロールの代謝促進や肝臓強化に優れた効果を発揮することで話題のタウリン、
貧血を予防する鉄分、その他に亜鉛やカリウムなども豊富で、栄養的に非常に優秀な魚である。

 

いわしに含まれるEPAやDHAなどの脂肪酸は、非常に酸化されやすいので、酸化を防ぐ働きのあるβ-カロチン、
ビタミンC・Eなどの抗酸化ビタミンを含む食材と一緒に摂ることがポイントとなる。

こちらのサイトで紹介しております


Sponsored Link