アスペルガー症候群患者の顔には、ある特徴があるといいます。

どんな特徴なのでしょうか??

アスペルガー症候群とは?

 

アスペルガー症候群と聞いて

どのような病気なのか、分かる人は少ないと思います。

 

アスペルガー症候群とは

自閉症の一つのタイプです。

 

アスペルガー症候群の主な症状は

①他の人との社会的関係を持つことに障害がある

②コミュニケーションをすることに障害がある

③想像力と創造性に障害がある

の主に3つで診断されます。

 

この3つの症状を

「3つ組の障害」と呼ぶそうです。

 

典型的な自閉症も同じような3つの症状があり、

自閉症とアスペルガー症候群はひとつながりのものです。

 

①の社計的関係をもつことというのは

他の人と一緒にいる時に、どのように振る舞うべきかということです。

 

②のコミュニケーションとは

自分のお持っていることをどう相手に伝えるかということで、

そして、相手の言いたいことをどう理解するかということです。

 

③の想像力と創造性の問題とは

ふり遊びや、見立て遊び、こだわりと関係します。

 

あまり、専門用語ばかりで分かりにくいですよね?

簡単に言うと、会話がちぐはぐな人ということです。

 

これだけでは、病気と気づかないことが多い病気です。

怖いですね。

kaiwatudukanai

 


Sponsored Link

アスペルガー症候群の顔の特徴

 

アスペルガー症候群の方や

自閉症の方々は、

端整な顔立ちが多いといわれています。

 

タイプは、2つに分かれます。

 

ひとつは、

堀の深い顔立ちで、

幼いときには非常に可愛いといわれるタイプです。

img

 

大きくなっても童顔で

年より若く見られることが多いですが、

 

幼少のころの可愛さは年齢とともにバランスが崩れてしまい、

不自然さと釣り合いの悪さが目立つようになるといわれています。

 

もうひとつは、

青年期はバランスが悪く、童顔で、

表情が乏しく堅苦しい印象やとがった印象を与えることが多いのですが、

 

年齢を重ねて、不思議なオーラが出て

賢者のような魅力的なオーラが現れるタイプです。

 

大器晩成型ですね。

このタイプは、出生時頭が通常より大きめということもあります

分かりやすい顔の特徴

 

顔で判断するのは、難しいですし、

色々説明しても、ピンとこないですよね?

 

簡単にいうと、一般的には

アスペルガー症候群の方の顔の特徴は

細面に切れ長の目、顎がとがっているといわれています。

as5

 

ですが、みんながみんなこの特徴があるわけではありません。

 

一般論なので、この特徴が当てはまるからと言って

アスペルガー症候群と決めつけてはいけません。

 

会話がちぐはぐで、なんか変だなと感じ、

この顔の特徴と一致するのであれば、

アスペルガー症候群と疑った方がいいかもしれません。

 

アスペルガー症候群の疑いがある方は

早めに専門医に相談しましょう。

aba1dd9afd994bc383f5259806be7bb47


Sponsored Link