鬼に豆をぶつけて、鬼退治をする節分。

    毎年当たり前のようにやっている定番行事ですが、由来や歴史を知っていますか?

    節分の由来を簡単に説明します!

     

    節分の由来とは

     

    節分というのは

    本来、季節の変わり目である

    「立春・立夏・立秋・立冬の前日」

    という意味だったそうです。

     

    特に春は

    新年を迎えると同じくらい重要な節目だったので、

    節分=立春の前の日という認識になったそうです。

    室町時代には、そういう認識に変わっていたとのことです。

     

    また、季節の変わり目には

    邪気が入りやすいと考えられていました。

     

    特に、新しい年を迎える前には

    邪気を払って福を呼び込むために追儺という宮中行事が行われていました。

     

    その「追儺」という行事は

    鬼やらいや厄払いとも呼ばれ、

    その「追儺」の行事のひとつに豆うちがあったそうです。

    bn193-1

     

    その豆うちの名残りが豆まきだといわれています。

     

    なんと、室町時代より前から節分が存在し、

    昔から豆まきをしていたのですね!

     

    まさに日本の歴史的行事ということですね!

     

    では、簡単に言うと

    立春の前の日=節分ということです。


    Sponsored Link

    なぜ鬼なの?

     

    では、豆をまく相手はなぜ鬼なのでしょう??

     

    「鬼」という字を「おに」と読みますが、

    この「おに」という日本語は「陰」に由来するそうです。

     

    「陰」は

    目に見えない気、主として邪気のことを指します。

     

    また、

    隠れている怖いもの=「隠人」が変化したという説もあるそうです。

     

    これらの「おに」の仕業として

    形の見えない災害・病・飢饉や

    人間の想像力を超えた恐ろしい出来事などと考えられてきました。

     

    これらの「おに」を

    新しい年=立春の前=節分に退治し

    福を呼び込もうというわけですね!

    355982b61eddec877292724a5dd06eb8

     

    簡単に言うと

    鬼を退治=災害などを起こらないように

    という願いが込められていたということです。

     

    どうして大豆をなげる?

     

    では、鬼に投げるのは

    なぜ大豆なのでしょう?

    これにも、由来があるはずですね。

     

    大豆は

    五穀のひとつで穀霊が宿るとされていました。

     

    その為

    神事に用いられることが多かったそうです。

     

    米よりも粒が大きく

    穀霊で悪霊を祓うの最適であることも利点のひとつです。

     

    また

    「魔の目」=まめに豆をぶつけて

    魔を滅する(魔滅=まめ)にも通じるといわれています。

     

    ほとんど無理やりな気もしますが…笑

     

    昔話のひとつで

    京都鞍馬山に鬼が出たとき、

    毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけて

    退治したという話もあります。

     

    ただ、ここで注意しなければならないことがひとつ!!

    image

     

    豆まきに用いる豆は

    炒り豆でなくてはいけません!!

     

    生の豆では

    拾い忘れた生の豆から芽が出てしまうと

    縁起が悪いからです。

     

    また

    「魔目」を「射る」ことで「魔滅」となるそうです。

     

    節分用の豆は

    ほとんどの豆が炒り豆なので

    大丈夫かと思いますが

    ご注意ください!

     

    節分の由来を簡単に理解し

    ちょっと自慢しちゃいましょう★


    Sponsored Link