節分で沢山必要になる煎り豆。

自分で作ったことはありますか?

意外と簡単につくれちゃう!レシピ公開!!

irimame500

節分の豆の作り方

 

節分の時期になると

スーパーの節分コーナーには、煎り豆が沢山並びますね。

 

私個人的には、ちょっとしたおやつとしても大好きです笑

 

20110122055715-284-396_thumbnail

この煎り豆は、大豆さえあれば手作りも簡単!!

自分好みの固さや香ばしさに作ることができます★

 

分かりやすくハードタイプとソフトタイプと2種類に分けて

説明します。

irimame_sample

 

まず、ハードタイプの作り方から。

 

①ザルに手ぬぐいを広げ、さっと洗った大豆を入れます。

②手ぬぐいを豆の上にかけ、その上からお湯をたっぷりかけましょう。

③30分ほど放置します。

④その豆をフライパンに入れ、最初は強火で絶えず揺らしましょう。

パチッと音がし始めたら火を弱めます。

そのまま弱火で15分ほど煎ります。

こってりとした味わいが好きな方は、最後に再度火を強めて、深煎りにしてもいいでしょう。

⑥皿にあけて、冷めたら出来上がり!!

 

このハードタイプは、

ガリッとした固い歯ごたえで、大豆の脂っこさが引き出されます。

歯に自信のない方には、おすすめはできません…

 

固い分、節分でまくのには最適です★

 

続いて、ソフトタイプの作り方をご紹介します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

①豆を軽く洗い、熱湯に2時間ほど浸します。

②水を吸って楕円にのび、大きくなったらザルに上げて水をきりましょう。

③ハードタイプと同様に、フライパンで煎っていきます。

最初は強火で絶えず揺らしましょう。

パチッと音がしだしたら、火を弱めます。

湿っていますので、パチッと音がするまで少し時間がかかります。

④弱火のまま、15分ほど煎ります。

絶えず揺らさなくてもいいのですが、適度に混ぜないと部分的に焦げてしまいます。

⑤香ばしい味わいが好きな方は、最後に再度火を強めて、深煎りにしても良いでしょう。

⑤お皿にあけて、冷めた出来上がり!!

 

ソフトタイプは、

食べやすく、歯ごたえもちょうど良いかと思います。

ハードタイプと比べると、味わいはマイルドです。

 

味の好みは、色々試してみないとわかりませんね。

 


Sponsored Link

もっと簡単にできる節分の豆の作り方

 

フライパンで作るやり方を紹介してきましたが、

実は…もっと簡単な方法もあります!

 

フライパンだと、ムラなく煎るのが、

ちょっと大変です。

目が離せなくなってしまいます。

 

そこで、電子レンジを使うと

かなり簡単にムラなく作ることができます!

 

もっと簡単に!節分の豆の作り方

 

①レンジのターンテーブルに、キッチンペーパーを敷き詰め、

水をきった大豆を一面に広げます。

②あとは、レンジでチン!

500Wのレンジで11分!

③豆の芯まで火が通っていないようなら、

ターンテーブルの中央と周辺部の豆の位置を変えてから、

1分ずつ足して加熱しましょう。

④あとは、皿にあけて、冷ますだけ!

 

フライパンよりかなり手軽に作れます。

 

今年の節分は、自分で節分の豆を作っちゃいましょう!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


Sponsored Link