湯西川温泉のかまくら祭り、綺麗だと評判で行ってみたいけど

どうやっていけばいいか分からない!

湯西川温泉へのアクセス方法をお教えします。

image

 

湯西川温泉とは?

 

まず、湯西川温泉から紹介していきます。

 

湯西川温泉とは、

栃木県日光市の日光国立公園内にある温泉です。

 

温泉地名の由来となっている湯西川の渓流沿いには、

旅館や民家が立ち並ぶ温泉街なのです。

 

湯西川温泉の泉質は、

アルカリ性単準温泉と呼ばれるもので、

無色透明・無味無臭で含まれる成分が少なく、

刺激が弱く、利用範囲が広いのが特徴です。

 

泉温が25度以上で、

動脈硬化・火傷・筋肉痛・高血圧・切り傷・神経痛・慢性皮膚疾患・打ち身・捻挫・腰痛・糖尿病・疲労回復・月経障害・痔・四十肩・五十肩・関節痛・冷え性・慢性婦人疾患など、

様々な病気に効果があります。

 

また、飲料としても飲むことができ、

胃腸虚弱にも良いとされています。

 

湯西川温泉のほとんどの旅館は

渓谷に面した露天風呂もあり、

湯西川で捕れる川魚料理も魅力のひとつです。

 


Sponsored Link

湯西川温泉かまくら祭りについて

 

その人気の高い温泉街で

毎年開催されるのが、「湯西川温泉かまくら祭り」

 

会場は、

メイン会場沢口、湯平温泉会場、平家集落会場、沢口河川敷会場と4か所あり、

 

ミニかまくらの中に、ガラスコップに包まれた蝋燭が入ってて、

そのミニかまくらが、200~1000個も並びます!

1294190736_photo

 

ライトアップされたそのミニかまくらは、

とても幻想的で、美しい景色を作ってくれます。

 

また、ミニかまくら意外にも

大きな人が入れるかまくらもあり、

大きなかまくらの中では、バーベキューを食べたりすることができます!

kamalight01

 

ただ、バーベキューをしたい方は、早めに予約してくださいね★

 

その他にも、

毎年何かのイベントがあり、日時は限られますが、

今年2014年は「日光四季彩オーロラファンタジー」という

湯西川の雪原にレーザー光線でオーロラを映し出すというイベントもありました。

 

冬の時期限定ですが、ロマンチックで素敵なお祭りですね★

 

湯西川温泉かまくら祭りのアクセス方法

 

では、湯西川温泉かまくら祭りへの

アクセス方法を紹介します。

 

・車で行かれる場合

日光宇都宮道路「今市IC」より

道121号・県道249号経由で60分です。

 

なお、

・沢口河川敷会場は駐車場から徒歩5分(約300m)

・平家集落会場は駐車場から徒歩9分(約700m)

となります。

 

・公共交通機関を利用される場合

会津鬼怒川線「湯西川温泉」駅より

日光交通バス「湯西川温泉」行きで「本家伴久旅館前」で下車後、

徒歩15分程度です。

 

かまくら祭りに行かれる際は、

十分に防寒対策をしていきましょう!

 

また、路面の雪は、かなり冷たく滑りやすいので、

スノーブーツがおすすめです。

車でお越しの際は、スタッドレスタイヤに交換した方が良いでしょう。

 

防寒対策をしっかりし、綺麗な夜景を堪能しましょう!

image1


スポンサーリンク

記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!