3月3日はひな祭り

雛人形を飾って、女の子のお祭りですね。

しかし、本当の雛人形を飾る意味って知っていますか?

hinadan

 

雛祭りの由来

 

まず、雛祭りの由来から知っていきましょう。

 

雛祭りとは平安時代から始まり

今では「桃の節句」と言われていますが

「上巳の節句」とも言われていました。

 

平安時代では

高貴な生まれの女児の厄除けと健康祈願のお祝いとして

行われていたそうです。

 

そののち

庶民にも浸透し、今の時代まで受け継がれてきました。

 

本来、雛祭りとは

単なるお祭りではなく、

お七夜やお宮参りと同じように女児の健やかな成長を願う「行事」では

お雛様はその女児に降りかかろうとする災厄を代わりに引き受ける

災厄除けと言われています。

 

用は、雛人形=災厄除けということですね!

 


Sponsored Link

雛人形の由来

 

女児の成長を願う「行事」

雛人形がお守りのような存在ということは分かりましたが

なぜ、雛人形を飾るようになったのでしょうか?

 

雛祭りが始まった平安時代の貴族の間では

紙人形を使った「ままごと遊び」がよくやられていて

その「ままごと遊び」は「ひいな遊び」と呼ばれていました。

 

また、三月の最初の巳の日に身代わりの人を作り

陰陽師を呼んで無病息災のお祓いをしていたのです。

 

このお祓いと「ひいな遊び」が一緒になり

「上巳の節句」として定着していったのです。

 

これが現代まで浸透し

3月3日の雛祭りには

我が家の健やかな成長と幸せを願って

雛人形を飾るようになったそうです。

auto-OF6mNz

 

平安時代からままごと遊びがあったという事実が

私は1番びっくりしました!

雛人形の飾る時期

 

では、雛人形を飾る時期

皆さん知っていますか?

 

ずっと雛人形を飾っていると

「お嫁に行けなくなる」なんて迷信きいたことはないですか?

 

私の小さい時は、その迷信が浸透していて

早くしまわなくちゃと思っていました笑

 

雛人形を飾るのは

立春頃から2月の中旬がおすすめです。

 

遅くても雛祭りの1週間前までには

飾りましょう!

 

片付けるのは、

やはりなるべく早めが良いそうです。

 

遅くても3月中旬までです!

 

ポイントとしては

天気のいい乾燥した日に片付けるのがベスト★

hinamatsuri_odairi_ohina

 

そして、「お嫁に行けなくなる」という迷信についてですが

 

この話は、

雛人形をいつまでも飾っておくとだらしがないという

戒めからきているそうです。

 

その時期にだし、終わったら片付けるという

当たり前のことをちゃんとしなくてはいけませんね。

 

雛人形は大人になっても飾る?

 

ちなみに、

女児の健康と幸せを願うお祭りの雛祭り。

 

大人になってからでも

飾っても良いものなのでしょうか?

 

結論から言うと

特に決まりはないということでした。

 

極端に言うならば

結婚してからでも、飾っていいということです。

 

あとは、女の子本人が飾りたいかによりますね。

 

可愛い女の子がいるお宅は

毎年ちゃんと雛人形を飾って

厄災除けしましょうね!

 

 


Sponsored Link