お正月が終わって、
    慌ただしさが落ち着く頃にやってくる

    2月3日の節分の日。

    「鬼は外、福は内」

    image

    と豆をまいて、年齢の数だけ豆を食べる。
    他のイベントと違いあまり注目されない節分ですが、

    どんな由来から来ているのでしょうか。

    また子どもと一緒に楽しむ為の、
    保育園などでも
    節分を取り入れる努力をされているようです。

    今回は、節分について語りたいと思います。

    節分の由来は?

    まず、本来の由来をまず説明しますね。

    節分は元来、
    文字のとおり

    季節の分かれ目を指す。

    「立春」「立夏」「立秋」「立冬」
    それぞれの前日のことでした。
    それが、現在の立春の前日のみになったのは
    春と冬の分かれ目が大晦日と同じように
    1年のうちの季節の分け目だという考えをもとだと言われています。

    これは、
    中国やアジアの習慣である
    “春節”
    と同じ考え方があると言われています。

    この“春節”
    旧暦でいうお正月にあたります。

    o0480033012407128901

    日本の正月の三が日同様、

    このころの3日間は
    祭日とされ正月料理を食べるという

    行事をこの時期行われています。

    この行事と同じ考えの風習
    節分であると言われていますね!

    保育園なども注目!“節分”の意味?

    節分と言えば、「豆まき」

    このイベント的な風習が保育園などの幼児教育で
    取り入れられています。

    保育園の幼児教育の一環には、
    「節分」は欠かせないものになっているのはご存知ですか?
    その一番の目的は
    季節の変わり目を知り、春が来ることを喜び合う

    20120203_5

    という季節感を養う大事な一つとして
    位置づけがされている

    保育園がおおいんですよ!
    豆まきといった伝統を幼児用にアレンジして

    風習が引き継がれていくことは大切な事ですよね!

    その手法を、少し紹介します。

    保育園では大体の年齢により取り入れ方を工夫されています。
    例えば

    オニの出てくる話を聞いたり、

    オニの面を作ったり

    体や心の中にあるオニをまめで退治し、

    伝統的な行事に興味や関心を持つ。

     

    3歳児くらいの目標
    先生が絵本を読み、

    オニの特徴を知り

    イメージを持ちながら制作をする

    4歳児での
    節分に関する絵本や紙芝居を読み聞かせ、

    オニの面を制作したり、節分について興味関心を深める

    5歳児
    節分の由来を知り、
    自分の苦手なところや
    なおしたいところを
    オニに見立てて、

    追い払い代わりに福を呼ぶような気持ちで
    制作し、豆まきを楽しむ。
    といった方法で、
    保育園などでは伝統を伝える教育が毎年行われているのですね。


    Sponsored Link

    「豆まき」の由来は?

    季節の初めには
    邪気(鬼)が生じるとされていた為、
    その悪霊祓いをした事から始まりました

    869977b43229b4b8137843bc7d33592c
    豆は「魔滅(まめ)」に通じ

    無病息災を祈る意味があります。

    昔、京都の鞍馬に鬼が出たとき
    、毘沙門天のお告げによって

    大豆を鬼の目に投げつけたところ、
    鬼を退治できたという話が残っております。

    魔の目(魔目=まめ)」に豆を投げつけて
    魔を滅する(魔滅=まめ)」に通じるということです。
    そしてまかれた豆を
    自分の年の数だけ食べると、
    体が丈夫になり風邪をひかないと言われています。

    しかし、
    豆まきに使う豆は
    炒った豆
    でなくてはなりません。

    iridaizu7
    なぜなら、
    生の豆を使うと拾い忘れた

    豆から芽が出てしまうと縁起が悪いからです。

     

    「炒る」は「射る」にも通じ、
    また、鬼や大豆は

    陰陽五行説(「木」「火」「土」「金」「水」の五行)
    の「金」にあたり、

    20130314_1040085

    この「金」の作用を滅するといわれる

    「火」で大豆を炒ることで、
    鬼を封じ込めるという意味があります。

    そして最後は、
    豆を人間が食べてしまうことにより、

    鬼を退治した、

    ということになるわけです

     

     

    最後に、
    鬼がトラのパンツをはくわけは、
    「鬼門」
    に由来するそうです。

    「鬼門」は
    鬼の出入りする方角で
    「北東」
    とされ、

    o0732063910216037281

    この方角は十二支にあてはめると
    「丑」「寅」の方角(うしとら)にあたります。

    そのため、
    昔の鬼は「牛(丑)」の角(つの)をもった姿で、

    「虎(寅)」のパンツを身に付けているとされているそうですよ。

    2010020316130919c

    このように、言い伝えに当てはめながら

    あらためて節分をみていくと

    まったくデタラメではない事にきづきます。

    方角や、縁起担ぎで守られた伝統

    保育園児も学んでいると思うと、

    気持ちもホクホク暖かい気持ちになちませんか?

    次の節分は、こんなことも思い出しながら
    少しだけ厳粛にしたいと思いました。

     


    Sponsored Link