ここ数日の、大荒れの天気で
雪に見舞われたところも多かったですが、

タイヤチェーンが入用だったのでは?

そういった時のタイヤチェーン

おすすめや使い易さ
着脱の簡単さの比較など

について紹介しますね。

是非参考にして下さい。

タイヤチェーンの種類

金属チェーン
雪が無い所を走ると、
擦り切れてすぐに切れるので注意がりますが、
最高速が30km/hが限界でしょう。
取り付けは樹脂(ゴム)チェーンよりも難しい(ネジレとか)
使った後は綺麗に洗って油を差さないと錆びます。

p1

値段は比較的安いですね!
あと、何と言っても使わない時は

コンパクトに収納できるのがメリットです。

樹脂(ゴム)チェーン

 

雪が無くても、注意しながらなら
それなりには走れますね。

最高速が50km/hまで大丈夫です。
取り付けが楽なのが一番のメリットですね!

ca-qe1

その分、値段が高めになってます。
使わない時は
折りたためないので場所を取りますね。

 


Sponsored Link

使い方でお勧め度が違う?

 

おすすめ度は、
どこに重きを置くかで変わってくるのが正直なところ。

例えば、
収納に関してだと。

折り畳みができ
収納に場所を取らないのが

Iceman_01L

金属製のチェーンになりますよね。

反対にゴム製は、

使わないときは折り畳みがきかず
入れ物に入れたままという状態なの
非常に場所をとりますね

p1 (1)

また、
使用頻度とコストを考えた場合
使用頻度が高い場合も費用対効果と、
どこに重きを置くかで全く異なりますよね!

購入価格が全く違う
のも選択のむずかしさに繋がっているのでしょう。

金属製のタイヤチェーン
3,000円くらいから。

対するゴム製20,000円からのようです。

ここで、
一番重要となる条件は、
タイヤチェーンを使用する地域だと思います。

雪が頻繁に降る地域のか、
それともめったに雪は降らずに
普段はほとんどチェーンの使用がない地域なのか。

この点がもっとも重要だと考えられます。

それは何故でしょうか?

雪が頻繁にふる若しくは雪国では
タイヤチェーンは使っても降りはじめにちょっと使う程度
その後は、
スタッドレスタイヤの使用が通常なのですから。
対して、雪が降らない地域での積雪では
タイヤチェーンの必要性は重要度が高いでしょう。

場所別で違うおすすめ度。

雪国
降りはじめのみの使用と考えた場合、
オススメのタイヤチェーンは
金属でしょうね。

s1331547605

というのもコストですね
音や乗り心地も良くないですが、持ち運びが楽なの
携帯しつつ緊急時に対応可能だと推察します。

対する、
雪に縁のない地域でタイヤチェーンを使うならば、
ゴム製がオススメだと思います。

それは、着脱が楽だからです

nj-3
さらに、お手入れが基本不要なので慣
れない地域の人にはピッタリだとおもいます。

価格も正直安くないので、
ある程度使用回数が多い方が

ゴム製のタイヤチェーンを使うメリットがあると思うからです。

ここまで、
個人的な意見を勝手に述べて参りましたが、
どのように思われましたか?

実は、私が現在住んでいる地域は
雪にはほとんど縁のない場所です。

しかし、私自身の出身地は
東北の日本海側で結構な雪国です。

そのため雪イコール、タイヤチェーンというイメージは薄いのです。
雪国の人間は、
雪イコールタイヤ交換なので。それも自分で。

01_s

ただし、
どちらでも経験した事でお知らせしたものです。

スタッドレスタイヤは使わないときは
、置き場所がないと使いにくので、
北国でもない限り所有するケースは少ないでしょうね!

いぜれにせよ、
雪が降った時に

自分の運転技術に見合った道具を使い、

 

いかに安全を確保するか

が一番の焦点なのは、
間違いないでしょう。
みんなの安全を考えると、
価格面は安いものなのかもしれませんね!

ただし、道がアイスバーンになった際は、

スタッドレスタイヤでもタイヤチェーンでも滑るのは一緒。

とにかく、
走行中の安全を一番に考える様にしましょうね。

一人一人の安全への意識が、みんなの交通安全にもつながるのですから。


Sponsored Link