8月の日本は真夏の時期ですが、
8月の富士山は決してそうではありません。

 

山では、
標高が1000mあがる毎に気温は-6度下がるといわれています。

 

つまり、標高3776mの富士山頂上では、
海抜よりも約20度気温が低いという事です。

 

8月の気温が30度でも、富士山頂上では10度程度なのですね。

 

では、8月の富士山へ行く場合、
どんな服装で行ったらいいのでしょう?

 

8月の富士登山に適した服装

7月に比べ、8月の富士山は多少気温があがってきます。

とは言っても、
8月の富士山頂上における平均気温は6.2

寒い事には変わりありません。

 

7月同様、8月に富士山に行かれる方も、
防寒を意識した服装をしていく必要がありますね。

 

ただ、8月の富士山は最高気温10度以上となり、
晴れた日の体感温度はかなり暑く感じるかと思います。

 

特に富士山に登っている最中は、体にジリジリと太陽が照りつけ、
どんどん汗がふきでてきます。

 

ですので、
登山時は7月よりも多少薄着の服装をおすすめします。

 

登山日の天気にもよりますが、
8月の登山時の服装では、
アンダーウエアは半袖1枚で十分かと思います。

 

もちろん、休憩時には汗で体が冷えないような服装を考え、
すぐに羽織れるミドルレイヤーを用意しておきましょう。

 

アウターウエアは雨具で十分まかなえます。

 

下は長ズボンよりも、
男女ともに短パン(スカート)+スパッツの服装のほうが、
通気性があっていいかもしれませんね。

 

登山中半袖1枚の服装では寒さが心配という方は、
半袖の上にベストタイプのダウンを着たり、
アームウォーマーで体温調節してみるのもいいと思います。

 


Sponsored Link

8月の富士山登山では脱水に注意!

8月の、特に昼間の登山ではとにかくよく汗をかきます。

服装と同様に意識してもらいたいのが脱水予防です。

 

これは富士山に限らず登山全般を通じて言える事ですが、
登山中はとにかく水分をよくとる必要があります。

 

私達が普段「喉が渇いた」と感じる時、
すでに体の中では軽い脱水症状が始まっています。

 

脱水が進むと血液がドロドロになり、
頭痛や吐き気などの高山病症状がでやすくなってしまいます。

 

ですので、登山中はなるべく喉が渇いたと思う前に、
こまめに少しずつに水分を摂る事ようおすすめします。

 

ペットボトルや水筒だと、
その都度出し入れがめんどくさいと思うかもしれまんね。

 

登山用品の中には「ハイドレーション」といって、
チューブの飲み口を使用する事で、
歩きながらでも好きな時に飲水ができる便利なグッズがあります。


私も1年程前からハイドレーションを使い始めましたが、
毎回水を取り出す手間がはぶけてとても楽です。


すぐに飲めるので必然と飲む回数多くなり
脱水も防いでくれるのです。

 

ハイドレーションに興味のある方は、
ハイドレーションが収納できるようのザックも必要になりますので、
購入前にはご注意を!!

8月の富士山に行かれる際は、
適した服装とこまめな水分補給で、快適な登山を目指しましょうね。


Sponsored Link