立春の候
から始まるはがきや手紙を
見たことがある人もいるのではないでしょうか。

このような時候の挨拶ことについて
ご存じでしょうか?

立春の候の読み方や時候の挨拶について
大人ならば知っておきたい
時候のあれこれについてご紹介します。

 

時候の挨拶って何?○○の候って?

日本には春夏秋冬四季があります。
春は桜が舞い、夏は日差しがまぶしく、
秋は紅葉が散り、冬はしんしんと雪が積もります。

そんな日本の手紙の冒頭には
季節の移り変わりなどを表す挨拶があるのです。

そのような挨拶のことを時候の挨拶といいます。
時間、気候という意味合いがあるのです。

月ごとによってその挨拶は違います。
それぞれに○○の候から始まる挨拶があります。

拝啓謹啓などのような頭語のあとに
この時候の挨拶を書くのが
手紙の書き始めとなります。

この○○の候を使い
季節を感じる文章から始めることで

その四季の移ろいを感じるという
日本人の心があるのですね。

 


Sponsored Link

気になる「立春の候」の読み方は?

そこで気になるのが
立春の候の読み方ですよね。

これは「りっしゅんのこう」と読みます。
候は「そうろう」と読むこともできますが
この場合は気候の候なので「こう」と読むのです。

同じように、他の時候の挨拶の
○○の候も「こう」という読み方です。

立春の候というのは
春の時候の挨拶ですが
使われる月は実は2月です。

現在の日本では2月というと
寒いイメージがありますが

昔は2月から立春つまり
春が始まるとされていました。

立春は節分が過ぎた2月4日頃とされています。
その頃の手紙では
時候の挨拶には立春の候を用いると良いですね。

 

立春の候のほかに時候の挨拶がある?

2月には立春の候のほかにも
時候の挨拶があります。

余寒の侯、春寒の候、節分の候、
○○には2月の季語が当てはまります。

また○○の候という書き方は
とてもかたい言い方
公用文書目上の人への手紙に用いられます。

それ以外の親しい人に対しての
手紙の場合には

立春とは名ばかりにまだまだ寒い日が続きますが
少しずつ春めいてまいりました
といった文章での時候の挨拶もあります。

同じ2月でも季節の変わり方は
その年や月の中でも異なりますよね。

そういった細かな季節の風景
手紙の冒頭にしたためてみてはいかがでしょうか?

 

おわりに

日本に住んでいると
季節が移り変わっているのが当たり前で

普段四季を考えるということは
少ないのではないでしょうか。

しかし、ふと気づいたときに
もう冬なんだなと感じることはありませんか?

そんな気持ちを手紙にしたためて
言葉にできる大人になれたらよいものです。


Sponsored Link