夏に向かっていよいよ富士山のシーズンがやってきます。

皆さん、富士登山に向けた準備はバッチリですか?

 

どんな服装で富士山に登ろうか、もう決まっているでしょうか?

 

富士山は登山の時期や時間帯によって、気温がだいぶ変わってきます。

 

登山時の服装がまだ決まらずに悩まれている方は、
富士山がどれくらい寒いのか、一緒に考えてみましょう。

 

7月の富士山は何度くらい?

富士登山のシーズンはおおまかに7月~8月と言われています。

どの時期に行っても差はないように思われますが、
実は7月上旬と8月上旬では平均して2度の違いがあると言われています。

 

7月上旬はまだ登山シーズンが始まったばかりであり、
登山ルートの中には積雪がみられる所もあります。

 

頂上付近の気温はとても寒く、
7月の富士山頂上における平均気温は5度と言われています。

もちろん、夜間や朝方、天気の具合によっては、
氷点下を下回る事もあります。

 

気象庁の調査(下記グラフ)によると、
過去30年間の富士山頂上の年間平均気温はなんと-6度!


東京の年間平均気温が
16.3度なので、
富士山がいかに寒いのかが分かりますね。

では、実際に富士山の気温をふまえて、登山の服装を考えてみましょう。

 


Sponsored Link

登山の服装で大切なのはレイヤリング!!

レイヤリングと聞くと何やら聞きなれない言葉ですが、
要は登山を快適にする為の重ね着の事です。

 

登山における基本のレイヤリングは、
ベースレイヤー+ミドルレイヤー+アウターレイヤーの組み合わせです。

 

ちょっと分かりづらいので、詳しく説明しますね。

 

ベースレイヤー

肌に直接触れるもので、登山において最も重要なものになります。

服装で言えばキャミソールやTシャツ、薄手の長袖などがこれにあたります。

 

素材としては、汗を吸収しやすく、そしてすぐに乾くもの、
「吸水速乾性」に優れたものがベストですね。


ミドルレイヤー

保温を目的としたもので、登山の休憩中など、
体を冷えから守る役割をします。

服装でいうと、フリースやダウンなどがこれにあたります。

 

アウターレイヤー

雨や雪、風から体を守る役割をします。

しっかりとした素材の雨具であれば、
夏山では雨具がアウターレイヤーの役割をします。

登山ではこの3つの服装を軸に、ご自身の行動に合わせて脱ぎ着をし、
体が快適でいられるような服装を調整していくのです。

 

7月の富士登山に適した服装は?

最初にお伝えした通り、7月上旬の富士山はとても寒い事が予測されます。

夏だからといって短パン・半袖の服装では、とても耐え切れません。

 

7月に富士山へ行かれる場合は、
8月の富士山よりも防寒を意識した服装が大切ですね。

 

登山の基本となる服装は先ほどお伝えしたレイヤリングです。


そこに、7月の富士山という点を考えると、

登山行動中は、
吸水速乾性のある薄手の長袖+長ズボン(女性はスカート+スパッツも可)
といった服装でしょうか。

 

休憩時は、
フリースを羽織るか、風よけにもなるウインドブレーカーを着るとよいですね。

 

夜間登山の際は、
上記の服装にプラスして雨具を着る事になるかと思います。

夏だからといって服装を軽視せずに、

7月の富士山はまだまだ寒いという事を忘れずに、
防寒対策を考えた服装を準備していきましょう。


Sponsored Link