2月3日節分の日
    恵方巻きを食べることは
    今やどの家庭でもする慣習となっていますよね。

    そんな恵方巻きってそもそも何なのか?
    中に入っている具材には意味があるのか?
    恵方巻きのあれこれについて調べてみました!

     

    恵方巻きとは?セブンイレブンが広めた?!

    そもそも恵方巻きとはなんなのでしょうか。
    恵方巻きは節分の日に食べると縁起がよい
    とされている太巻きのことです。

    その年の恵方
    つまり縁起の良い方向に向かって食べる太巻き
    ということから恵方巻きという言葉につながっているのです。

    ちなみに来年2015年の恵方は西南西です。
    食べる人はぜひ方角のチェックを!

    もともと恵方巻きを食べるというのは大阪の文化
    全国ではあまり広まっていませんでした。

    それを全国に広めたのが
    セブンイレブンだと言われています。

    コンビニの売り上げが伸びにくい2月に
    恵方巻きを全国販売することにより
    その文化を広げることになりました。

    現在では多くの家庭で
    恵方巻きを食べるという光景が
    見られるようになったのです。

     


    Sponsored Link

    恵方巻きの具材や数にも意味がある?

    恵方巻きには基本的に7種類の具材を入れます。
    実は、この7という数字に意味があるのです。

    現在でも7という数字は
    ラッキーセブンなどと言われて
    幸運な数字とされていますよね。

    その昔にも七福神7つの具材を掛け合わせ
    商売繁盛無病息災といったことを願い
    その福を巻き込むという意味があったのです。

    また他の説もあり
    具材のきゅうりを青鬼人参や桜でんぶを赤鬼と見立てて
    鬼を食べて退治するという意味もあるといわれています。

    恵方を向いて食べるや
    太巻きを切らずに(福を切らず)食べるなど
    食べ方にも意味がある文化ですが

    恵方巻きの具材までにも
    意味があったのですね。

     

    恵方巻きの具材に何を入れる?

    そんな恵方巻きの
    7種類にどんなものを入れるのでしょうか?

    卵焼き、しいたけ、桜でんぶ、
    きゅうり、高野豆腐、かんぴょう、穴子
    の7種類を入れるのが基本形です。

    さらに最近では
    7種類というだけではなく
    具材の数を減らしたり増やしたりした恵方巻きもあります。

    したがって具材もほかに
    サーモン、マグロ、かにかま、
    ほうれん草、みつば、人参、伊達巻き

    などさまざまなものを
    入れるようになっています。

    時代の変化に伴い
    食べる食材も変化してきているということですね。

    各家庭に合わせて
    いろいろな具材を試して
    オリジナルの恵方巻きを作ってみてはいかがでしょうか?

     

    おわりに

    恵方巻きの具材やその意味について
    ご紹介しました。

    日本の文化というのは
    いろんな意味があって
    それに基づいていろんなことをします。

    恵方巻きという文化も
    その一つです。

    来年はそういった意味も知った上で
    恵方巻きにかぶりついてみてはいかがでしょうか?


    Sponsored Link