昨年使ったお守り御札は皆さんどう処分していますか?

だいたい、初詣に行く時に古いお守りや御札を持っていって、「古札納め所」というようなところがあり、

そこで引き取ってもらうのが多いのではないでしょうか。

でも、日本には、小正月(1月15日)にどんど焼きという、門松やしめ縄などを一箇所に集めて燃やすならわしがあります。

そのときにお守りなどを持っていって、一緒に燃やすのもいいでしょう。

acharms_02

 

 

 

どんど焼き

どんど焼きというのは、一般的に田んぼや空き地に、竹や藁や杉の葉でやぐらを作り、正月飾り、書き初めで飾り付けをしたのち
それを燃やして、その残り火で団子や餅を焼いて食べます。

どんど焼きの火にあたったり焼いた団子を食べれば、その1年間健康でいられるなどの言い伝えもあり、無病息災・五穀豊穣(むびょうそくさい・ごこくほうじょう)を祈る民間伝承行事です。

 


Sponsored Link

どんど焼きの時期

どんど焼きは、北は秋田、南は鹿児島まで行われているそうです。

北海道ではそういう風習はないのですね。寒いからかな・・・。

時期は、どこも共通していてだいたい1月14日か15日に行われるそうです。

時間帯は、14日の夜か、15日の朝が多いようです。

 

呼び名

どんど焼きという語源は、火が燃えるのを「尊(とうと)や尊(とうと)」と囃(はや)し立てたことからそれが訛ったという説や、

どんどん燃える様子からついたという説などがあるそうです。

地域によっては呼び名が違うようで、沼津では、「どんど焼き」あるいは「どんどん焼き」と言いますが同じ静岡でも御殿場では「さいと焼き」と呼ぶそうです。
全国的にも地方によっては「とんど」、「どんど」、「どんだら焼き」、「どんどろ祭り」、「おんべ焼き」、「さいとう焼き」、「ほっけんぎょう」、「三九郎焼き」、「ほじょり」、「ほうじょり」などがあり、東日本では「才の神焼き」東海地方から西日本では「左義長(さぎっちょ)」などとも呼ばれています。

 

起源

「どんど焼き」の別称として「左義長(さぎちょう)」という呼び名がありますが、これがどんど焼きの起源とも関わっているといわれています。

左義長(三毬杖)は、正月十五日、平安時代の宮中で、清涼殿の東庭で青竹を束ねて立て毬杖(ぎっちょう)三本を結び、その上に扇子や短冊などを添え、陰陽師(おんみょうじ)が謡いはやしながらこれを焼いたという行事です。そが民間に伝わりどんど焼きとなったといわれています。しかしこれ以外の説もあります。

毬杖(ぎっちょう)というのは、木製の槌(つち)をつけた木製の杖を振るい、木製の毬を相手陣に打ち込む遊び、またはその杖のことです。

agityou

 

火は穢れ(けがれ)を浄め、新しい命を生み出します。竹の爆ぜる音は災いを退け、高く 上る煙に乗って正月の神様が帰ります。
どんど焼きは、祓い清めという役割と、正月に 浮かれた人々を現実世界に戻す、二つの役割を担った行事とも言えます。

 

新しい年が気持ちよく過ごせるように、どんど焼き、してみませんか。


Sponsored Link