喪中の正月の挨拶

皆さん、知ってますか?

 

喪中とは?

まず、喪中とはなんでしょう。

喪中とは、近親者が亡くなったときに、喪に服す期間
喪に服すというのは、亡くなった人の近親者が、一定期間、外出や社交的な行動を避けて身を慎むようにすることです。

喪中の期間は、地域や間柄にもよりますが、一般的には死後一年です。

 


Sponsored Link

喪中ハガキを出す時期と構成

その年に家族の誰かが亡くなった場合には、新年を祝うことはせずに喪に服していますという意味の喪中ハガキを出します。

喪中ハガキを出す時期は、相手が年賀状を書きはじめる時期に間に合うよう
11月には用意をし、遅くとも12月初旬には届くようにします。
喪中はがきには、頭語と結語や、時候の挨拶などは必要ありません。

構成としては、

喪中を知らせる言葉
亡くなった方の名前と続柄
亡くなった日、年齢
日頃お世話になってるお礼
新しい年のお付き合いをお願いする言葉
日付
差出人・住所

例文:

喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます。

父 太郎(〇〇歳) 去る〇月〇日に永眠いたしました。
本年中に賜りましたご厚情に深く感謝申し上げます。
明くる年も変わらぬご交誼の程お願い申し上げます。

平成〇〇年十二月

住所(マンション名も)、電話番号、名前

 

年賀状が来た相手に喪中であることを知らせるには・・・

寒中お見舞いとして出しましょう。

例文:
寒中お見舞申し上げます。
早々のお年賀状ありがとうございました。
昨年、私どもの義母が亡くなり、 新年のご挨拶を控えさせていただきました。
欠礼のお知らせも申し上げず大変失礼いたしました。  本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

  平成○○年一月○日
[差出人住所氏名]
a0006_000078_m

喪中のときの新年の挨拶

喪中の時は新年を祝うことはせずに喪に服しています。
なので「おめでとうございます」という言葉は使いません
メールでも同様です

「昨年はお世話になりました」
「本年もよろしくお願いいたします」

など。

 

喪中の相手に年末年始の挨拶をしたいとき

ご近所の方や、友人、会社や職場の上司や同僚などに、松の内(元旦から1月7日まで)の期間に会う機会があるかもしれません。そんなとき年末年始の挨拶はどうすれば良いのか・・・。

やはり、新年を祝う「明けましておめでとうございます」は使いません

「おはようございます。今年もよろしくお願いします。」
「おはよう!今年もよろしく!」

など。

a1130_000326_m

こういうことは知っていると頼られますからね!

そして亡くなられた方のことを偲んで新たな年を気持ちよく迎えましょう。


Sponsored Link