今年もあと少し

正月スタンプ

早いもので今年もあと少し的な感じが出て
きました。

今日ショッピングモールに行ったら
クリスマスツリーがきれいにライトアップされて
いて、早いなと思っていたのですが、

 

さらに早いことに、

 

文房具のコーナーではすでに年賀状の
スタンプが売られていたり、
お年玉袋なども売ってました。

 

年末の掃除も少ししなくてはいけないなと
思って、掃除用具を見てきました。

まだ掃除はしてないのですけどね(笑)

 


Sponsored Link

正月準備はどうする?

お正月はいつもなにしてますか。

私は、年賀状や掃除などにおわれています。
毎年変わらない気がするので、
今年こそは、進歩したいです。

 

そういえば、お正月の飾り付けはどうしていますか。

私のうちの飾り付けは、ディスカウントショップでお正月
飾りを買っています。

 

お正月の飾り付はいっぱい種類もあって、
いろんなところで、買えるので便利ですが、

今回は手作りの飾り付けも考えています。

 

飾り付けは手作りで!

今年はスマフォもますます進化して、
便利で、文字を書くことも減ってたり、
年賀状も手書きが減っていくような気がする
デジタル社会がやってきたかなと思います。

 

そんな社会をむかえて、
手作りのぬくもりを求めてみました。

 

お正月の飾り付けは手作りでもできるかなと
思い、調べてみることにしました。

子供にも手作りのよさなどで、ぬくもりを感じてほしい
と思います。

 

お正月の飾り付けの種類

お正月の飾り付けを手作りでしたいなと
思いながらも、実際はどんな飾り付けにしたら
いいのかわからないのに気づきました。

 

まずはどんな飾り付けがあるか知ることからはじめる
ことにしました。

よく見るのは、 門松、しめ飾り、鏡餅などです。

 

それぞれに意味があるようです。

 

門松は

門松2

文字のとおりに、門に飾ります。
この門松を目印に年神様がいらっしゃるそうです。

年神様をむかえるのに重要なお正月の飾り付けですね。

 

しめ飾りは、

しめ縄2

玄関に飾ります。
家の中が年神様をお迎えするために清められている
ことを意味するそうです。

しめ飾りにそんな意味があったとは、
このお正月の飾り付けにも重要な意味があったのですね。
これはやっぱり年末の大掃除を頑張らなくては
いけませんね。

 

鏡餅は、

鏡餅

神様の居場所として、家の中でも格が高い場所
例えば、床の間に飾るのが最も良いとされています。

床の間がない場合は、玄関から離れた奥まった場所、
または居間などに飾ります。

 

これも勘違いしていました。
私、玄関に飾ってしまっていましたよ。

今度からはきちんとしようと思います。

 

お正月の飾り付けを調べてみましたが、
手作りしやすいお正月の飾り付けは、
鏡餅でしょうか。

 

きちんとした鏡餅の飾り付けは、

鏡餅 飾り

餅の他にうらじろ、ゆずりは、ダイダイ、昆布やするめ、
串柿など縁起が良いものを飾って、正式には半紙や
四方紅を敷いた三方(さんぼう)
で供えるそうです。

今の鏡餅は販売しているのを見ると、
もっと飾りも少なく、
お餅さえ、家でつくれたら飾り付けは簡単かと思ったのですが、
意味を知れば知るほど、
手作りでは、難しい飾り付けに思えてきました。

 

鏡餅の飾り付けが手作りでは難しいとなると、

門松は、竹がないので、
しめ飾りでしょうか。

でも、こちらも

本格的に飾り付けを手作りするのは
難しそうです。

飾り付けに使う縁起物も数が思ったより、
多いようです。

ですので、お正月の飾りつけの手作りは
あきらめようかとも思ったのですが、

 

とりあえず、作り方を探したら動画がいくつかでてきたので、
3つのせておきます。参考にしてみてください。

折り紙でなら作るのはわりと簡単かなと思います。

ブリザードフラワーでつくるのも素敵ですね。

はだしが寒そうですが、家族で作っているのでしょうか。
気持ちはあたたかそうです。

 

あとは、

参考になるサイトはこちらです。

いろいろなサイトが紹介されているので、
お正月の飾り付けの参考になると思います。

作り方は、他にも動画サイトで検索すると出てくるので、
参考にされてもいいですね。

ようは、手作りする気持ちが大切だと思います。
こどもにもお正月の飾り付けの伝統を伝えていきたいですね。


スポンサーリンク

記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!