クリスマスツリーとライト

ツリー ライト

クリスマスになるとライトアップが
素敵なご近所の家とかないですか。

毎年かならずきれいにライトアップを
しているお家はライトはどのような
巻き方をしているのでしょうか。

また取り付け方はどこかで
勉強されたのでしょうか。

巻き方や取り付け方を教えて欲しいです。

 

あと、気になるのが、節電ですね。
今年は電気不足というのもありますが、
夜だけでもライトアップしていると
結構な電気代がかかるのかと心配です。

 

でもやっぱりライトアップしてないと
さびしいですよね。

クリスマスツリーだけでも
ライトアップして欲しいものです。

 

ライトの巻き方

 

ツリー巻き方
1つ目は、
360°どの角度のどこから見ても
きれいに見られるそうです。
部屋の真ん中にクリスマスツリーを飾るときに
いい巻き方です。
2つ目は、
片側半分だけ装飾する方法。
壁際に設置場合にいい巻き方です。
電球数も半分に減らせるということなので、
電気の節約にもよさそうですね。
3つ目は、
ちょっと難しそうです。
電球のみで飾る時に使うことがある特殊な飾り方。
トップに電球が集中しやすくバランスをとるのが難しいそうです。
詳しくはこちらのサイトを見てください。
私がやっていたのは、
1つ目のどこからでも見れる
付け方だったんですね。
でも、家でやるなら片面だけのほうがライトが少なくて
いいので、実用的なやり方かもしれません。

Sponsored Link

ライトの向き

ツリー 向き

ライトの向きも考えて巻くのがいい巻き方
のようです。

ライトを巻くときは、
ライトが見えるように巻きます。

ツリー ライト 向き

 

あっちこっちライトがへんな方に向いていたら、
きれいな巻き方をしていても、

だいなしになってしまいます。
その他にも、コードが見えない工夫をすると
よりきれいにクリスマスツリーを飾れると思います。

ライトのつけ方

今、ライトをつけると言っても
最近は電気不足なので、

長時間付けっぱなしもよくなさそうです。

あまり暗くないのにライトをつけても
きれいではない気がするので、

ツリー 夜
十分暗くなってから、
時間を決めてつけるのがよさそうです。

 

電気不足といっても、クリスマスツリーなどのライトを
ぜんぜん付けないのもさびしいもので、

なんでもほどほどで、
楽しめるライトの付け方をして欲しいです。

今年のライトの付け方は配慮が必要そうです。

 

ライトの種類

ライト種類

クリスマスツリーのライトの付け方もですが、
種類も大切なような気がします。

 

いくら良いライトの付け方をしても、
ライトの種類で、

節電にもならない、電気量も高いでは、
困ってしまいます。

 

今は、いいことにライトの種類も多く
なっているので、自分の家にあったライトを選べます。

ソーラーライト
LEDライトやチューブライト、
太陽光でできる、
ソラー式LEDライトなども あるようです。

 

 

もしかしたら、ライトの巻き方や付け方によって、
選べる種類が決まってくるかもしれないので、
ライトを新しく買う場合は、
お店の人と種類や巻き方、付け方を
相談しながらするのがいいでしょう。

 

今、流行りのソラー式なら電気量を気にしなくていいですが、
実際クリスマスツリーなどのソラー式のライトが

どの程度の電気量なのか気になるところです。
クリスマスツリーなどのライトの
上手な巻きつけ方を

マスターして、電気のうまい付け方をしたいものですね。

 

応用編

ここまでクリスマスツリーのライトの巻き方、付け方を
みてきましたが、参考になりましたでしょうか。

また、このライトの巻き方・付け方は、
クリスマスツリーだけでなく、

家の庭をライトアップするときにも役に
立つと思います。

 

ライトの巻き方、付け方、向きなどの基本の
見えるほうだけ巻くとか、
見えるほうにライトを向けるとかちょっと、
したことだとは思うのですが、

飾りつけの基本だよなと思いました。

 

 

クリスマスツリーや庭のライトアップを効率よくする
ためには、事前の準備が必要ですね。

 

きれいなライトの巻きつけ方と付け方を
して、ワンランク上の飾り付けをして、

楽しいクリスマスを過ごしてくださいね。


スポンサーリンク

記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!