安産祈願にいったときのお守りや

家族や知人から貰ったお守りやお札。

まだ、お宅にありませんか?

意外とまだあったり、
古くなりすぎてそのまま放置など

そんな安産祈願のお守りは、
「どんと焼きで大丈夫?」
迷う方おられますよね?

そんな方へ
安産祈願のお守りや
どんと焼きの説明も一緒に

今回ふれてまいります。

 

一般的な流れ

もっとも多くのケースは

ご懐妊が判った時点で、

安全祈願の有名な神社仏閣を選び

日取りなどで日程を決めます。

 

その後、夫婦や両親などで祈願に!

その際に安産祈願の
お守り、お札や“腹帯”などを頂くことが多いようです。

anzan2011

本来は、
5か月位の犬の日に神社で祈願して頂くとのこと。

今頃は
神様は関係のないとか
腹帯もいらない

という方が多くなったようです。

腹帯タイプの下着も販売されているようですし、

 

 


Sponsored Link

安産祈願のお守りは?どんと焼きでもいいの?

 

よくお守りやお札は

「神様同士が喧嘩するから」

などと
身につけたり持つのは1つだけのほうがいい
なんてと聞きます。

安産のお守りはどうなのでしょうか?

「実家のお母さんから貰ったのに、
ダンナのお母さんからも貰っちゃった・・」

なんてこともあるのではないでしょうか?

さらに、色んな方にいただいた安産守りがいくつかあったり。

実は
「お守りは神様が喧嘩するから一つだけ・・」
は迷信です。

神様は、ふところが広いので
いろんな方を受け入れてくださいますよ!

お友達から頂いたり、
親戚のおばさんからも頂いたりなんて、

いくつも集まっちゃったとしても全然問題ありません。

皆があなたやお腹の赤ちゃんを思ってくれることを

ありがたく感謝しましょう。

 

なので、通常小正月におこなわれる

“どんと焼き”
の時に処分されて構いません。

このどんと焼きの内容をきちんと知って

お守りの上手なお返しする方法を探しましょうね!

 

どんと焼きはどんなもの?

 

どんと焼きは一般的に、
日本全国で行われている
1月15日ころ
の神事です。

というのも、

最近は成人の日が変わったりで

成人式の日程などが場所によってまちまちになったりするため、
その地域の事情に合わせているのが現状ですね。

内容は、
正月に使った

正月の松飾り・注連縄(しめなわ)・書き初めなどを
家々から持ち寄り、

一箇所に積み上げて燃やすという、
日本全国に伝わるお正月の火祭り行事です。

神事から始まったのですが、

現在では宗教的意味あいは少なく

お寺などでも目にする機会があると思います。
昔から、

火は穢れを清めて、
新しい命を生み出すとされます。
それによって、
高く上る煙に乗って

神様が帰るとのこと。

なので、
どんど焼きは、
祓い清めという役割と、

正月に 浮かれた人々を現実世界に戻す、

二つの役割を担った大事な行事だとおもわれます。
また、どんと焼きに参加すると

良い事が一杯あるそうですよ!

この火にあたると若返るとか
焼いた団子を食べると病気をしない・虫歯にならないとか。

また、燃やした書初(かきぞめ)の紙が高く舞い上がると
習字が上手になり勉強もできるようになるなどとも。

お守り、いただいたお神札(おふだ)に感謝して、
古神札の焼納やだるまなども燃やします。

本来は
1年中の身体健康・無病息災・家内安全・五穀豊穣
などを祈願しているそうです。

「正月飾り」を燃やすという行為から
神様を空に送る、つまり
神様が空に帰っていく
という意識が共通して働いているものとみられます。

そういった、意味を理解する
お守りやお札を“どんと焼き”で処分する意味が解りましたね

本来の処分方法は?

一番は、頂いた神社やお寺にお返しする

のが礼儀なのですが、

知り合いの方が、
心配されて効き目があるといって
色んなお守りを・・・

でも、無事生まれた事への感謝を思うと
ゴミで処分はできませんよね!

神社やお寺などで
「古札納め所」
を設けているところがあります。
そちらに、早めに納めましょう。

081

方法は、その納め所に
お守りやお札を入れて
お賽銭箱にを気持ちを納めるだけです。

御賽銭箱がなければ入れなくても構わないと思います。

そちらに全部入れて構いませんよ!
肝心なのは、「ありがとうございました」の気持ちなので。

でも、一番は。
忘れないうちに、
お宮参りの時にお返しするのが理想でしょうね。

でも、お守りや神様への感謝の気持ちを持てば、お宮参り以外で何度でもお参り行かれ、その時に持参されたら大丈夫ですよ。

もっとも感じなのは感謝の気持ちですので、
気持ちをもてば自然と自分なりに処分方法が見つかりますよね!


スポンサーリンク

記事が役に立ちましたら、シェアをお願いします!