皆さん、食欲の秋真っ盛りですか?

ぶりかまの塩焼きなんておいしいですよね?

でも、調理するのが面倒…。

そこで、フライパンで簡単に作る方法を大公開!

20111014_2055022

 

そもそも、ぶりかまってどこ?

 

かまって魚のどこの部分か知っていますか?

 

かまは、ムナビレのあたりと言う意味で

木目細く、しまっていいながらよく脂がのっていて

とてもおいしい部分です。

 

ムナビレということは、運動量が多いから、しまっているんでしょうね。

このおいしさを1番実感できるのは 塩焼きと言われています!!

 

やはりシンプルが1番ということですね!

旬なぶりのかまを仕入れたら、ぜひ塩焼きで食べましょう!

 


Sponsored Link

ぶりかま塩焼きの下ごしらえ

 

即フライパンで焼く!

というわけではなく、ちゃんと下ごしらえしましょう。

e104a2b6

 

①水を注いだボウルの中にブリカマを入れて、優しく洗いましょう。

血の塊がある場合は、指で取り除き、綺麗に洗うことに気を付けましょう。

 

②キッチンペーパーでぶりかまの水気をしっかり拭き取り、

塩を利かせる位にしっかりと全体にふったら下ごしらえ完了!

 

簡単ですね!

でも、下ごしらえをサボると臭みが残ったりしますので

綺麗に洗ってから焼くとおいしいですよ★

 

フライパンで焼くぶりかま塩焼き

 

では、下ごしらえも終わったので

焼いていきましょう!!

 

①フライパンにサラダ油を薄く敷いて熱し、中火でブリカマの身の方から焼きます。

3〜4分程焼いたら返して皮面を焼きます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

皮に焼き色がついたら、もう一度身の方を下にします。

弱火にして酒を加え蓋をして、10分蒸し焼きに。

 

③蓋を外してペーパーでフライパンの油汚れを拭き取ります。

(丸めたペーパーを菜箸などで挟んで軽く拭き取ると楽ですよ★)

 

④火を中火位にして、2〜3分焼いて熱々にして出来上がりです!

お好みで大根おろしを添えて食べます。

 

フライパンで簡単調理!

手軽にできて、おいしいですよ!!

 

ポイントは、酒を入れて蒸すことです!

これで、ぶりかまがふんわりと仕上がります!

208d80e13eb3f9b9cea0099eea6e54e6

 

フライパンの利点

 

焼き魚=グリルというのが以前の定番でした。

ですが、今ではフライパン調理が普通になってきています。

 

フライパンの1番の利点は

グリルの面倒な洗い物がないということ!!

 

しかも、蓋を使って蒸し焼きもできます!

フライパンだといいことだらけ!!

 

今では、フライパン調理に使うアルミホイルも売っていますね。

私はそのアルミホイルを愛用しています★

308437_recipe_l_fsp_-821e06224e47caffcf996216be4934b5

 

そのアルミホイルを使うと、加工が剥げてきているフライパンでも大丈夫!!

しかも、アルミホイルの上で焼いているのに焦げ目もつくんですよ!

これぞ、主婦の味方!!

 

皆さんもお手軽にぶりかまの塩焼きをフライパンで調理してみてはいかがですか?


Sponsored Link