暖かくて薄いインナーの代表と言っても過言ではない、ヒートテック

    しかし、着ると肌が荒れる?!

    ヒートテックを着て湿疹がでるなど、アレルギー反応を起こしている例がたくさんあるそうです!

    heattech

     

    ヒートテックを着てアレルギー?!

     

    皆さんはこんな経験ありませんか?

     

    インナーにヒートテックを着ると

    肌が乾燥して痒くなる

    湿疹がでた

    など…。

     

    肌が弱い人やアトピーをお持ちの方には ヒートテックはおすすめできないです。

    あとは、乾燥肌の方にもおすすめできません。

     

    ヒートテックを着ると、さらに乾燥してしまい、痒くなってしまうということが起こる可能性が高いそうです。

    043da828

     


    Sponsored Link

    アレルギー反応の原因

     

    なぜ、ヒートテックを着るとアレルギー反応が起きるのでしょうか?

     

    衣類が原因で起こる衣類皮膚炎(布かぶれ)といいます。

    その原因は、ヒートテックの化学繊維です。

     

    ヒートテックの素材は、アクリル・ポリウレタン・ポリエステル・レーヨンなどの化学繊維で構成されています。

    アトピーや肌の弱い子供、敏感肌の方には不向きな素材なんだそうです。

     

    実際に化学繊維アレルギーの人は多くいて、化学繊維に触れると赤くなったりかぶれたり、痒くなったりするようです。

    また、敏感肌の方がヒートテック衣類にかぶれる方が多いかと思われていますが、

    逆に普段はかぶれを起こしたことがない人が大半なのが、驚きです。

     

    特殊な化学繊維を使っていて、

    保温機能が高く熱が逃げないようになっていて、

    暖かいのですが それが原因のようです。

    20091113_1_01

     

    ヒートテックが暖かいは間違い?!

     

    ヒートテックは「吸湿発熱繊維」という 特殊な繊維を使用しています。

    吸湿発熱繊維とは、汗などの水分を吸収して発熱する繊維です。

     

    ただし、吸湿発熱素材といっても、

    湿度を与えれば永遠に発熱し続けるわけではなく、

    一定量の水分を取り込んだ後は発熱効果がなくなります。

     

    もちろん、乾かせば発熱効果は復活するが、

    一度脱いで乾燥させてから再度着るということは考えにくいので、

    発熱効果は基本的に着た直後だけということになります。

     

    保湿効果は高いといっても、他のインナーとそんなに違わないのですね。

    着てすぐ暖かく感じるので、特別暖かく感じていたんですね。

     

    敏感肌の方におすすめのインナー

     

    では、敏感肌の方やアトピーの方は

    どんなインナーを着たらいいのでしょうか?

     

    原点に戻りましょう!

    やはり、肌に優しいのは綿や羊毛など自然繊維です。

     

    昔からの定番ですが、綿で衣類皮膚炎はほとんどないそうです。

     

    1番いいのは、「シルク」です!

    着るだけで美肌効果もあるという、シルク!!

     

    インナーとしてのシルクは、

    吸湿、放湿性に優れた絹の特性を最も生かしたもので、とても人気です。

    絹の繊維を顕微鏡で見てみると、表面に無数の小さな穴があることがわかります。

    この穴が水分を吸い取ってくれるため、夏に汗をかいてもベタつかず、涼しく快適に過ごせるのです。

     

    さすがですね、シルク!

    私も1枚でいいから欲しい!笑

     

    皆さんも一度インナーの素材を確かめてみてくださいね。

    肌荒れ注意です!!

    img_8028_650946_0


    Sponsored Link