Sponsored Link

お正月明けに
どんど焼きで地域の方とお餅を焼いた経験は
みなさんもおありではないでしょうか?

どんど焼きってなに?

どんど焼きとは、七草粥を食べるなどのお正月行事が終わった

小正月(1月15日)前後に日本全国で行なわれる
火祭り行事のことを言います。

正月で飾った松飾りやしめなわ
そして正月に書いた書き初めなどを
各々が持ち寄り

1か所に高く積み上げて燃やして
その残り火で餅を焼いて食べるというものです。。

このどんど焼きの火にあたり
焼いたお餅を食べることで
その1年間は健康でいられると言い伝えられています。

また、書き初めを焼いた時に火が高く上がると
字が上達するとも言われています。


Sponsored Link

どんど焼きに人形を持って行ってもいい?

お正月で使い、もう使うことのないしめ飾りや門松をどんど焼きに持っていく

このことから、もういらなくなってしまった人形を
どんど焼きに持っていくのはどうだろうかと考える人が少なくありません。

確かにどんど焼きでは火を焚いて燃やすという行為をしますが
何を持ち込んでもいいといいわけではありません
お札やお守り、写真や年賀状などもは受け付けてはもらえません。

人形は「人形供養」や「人形感謝祭」という神社や寺の行事で
集められた人形を一斉に焼いて供養されます。
これをお焚き上げとも言います。

供養したい人形を受け付けてもらえる期間や費用は様々で
中には1年中いつでも受付可能である場合もあります。

期間が決められていたとしても郵送でも受け付けてくれるなど
融通のきく場合も多いようです。

一方、費用は無料であったり
1体いくらであったり、1箱いくらであったりしますので
気になる方は事前の問い合わせで確認が必要です。

また、供養の様子をインターネットで公開されておられるところもあります。

 

人形の供養の仕方は?

22611

 

 

先ほども書いた通り、人形供養を神社や寺にお願することが多いものです。
しかし、遠方であるなどの理由で難しい場合もあります。

そんな時には、受け付けてもらえる神社や寺に
直接、郵便や宅急便で送るという方法があります。

また、人形供養の代行サービスを行なっているところもありますので
お願いしてみるもの1つの手です。

 

img454bd029c382c

http://honjyuin.com/ningyoukuyou.html

もしも自宅での処分をご希望される場合には
ぬいぐるみの顔を布や紙などで包んで汚れないようにしてあげて

できるようであれば天然塩で清めてから
ゴミとして出すといいでしょう。

 

人形供養にするにしても、一般ごみとして処分する場合でも
どちらにしても、今までの感謝の気持ちを伝えてお別れしましょう。
これですっきりさようならができます。

 


Sponsored Link