Sponsored Link

赤ちゃん手

赤ちゃんを育てているみなさん、育児に悩んではいませんか?
特に5ヶ月くらいから、夜泣きなどがひどくなって睡眠時間が短い赤ちゃんが多いようです。

「うちの赤ちゃん、睡眠時間が短いけれど大丈夫なの?」
「5ヶ月くらいの赤ちゃんってこういうものなの?」
「夜泣きがひどくて眠れない……」

そんな親御さんの悩みを解決すべく、5ヶ月からの赤ちゃんの睡眠時間について徹底研究してみました!

育児に悩めるみなさん、参考にしてみてはいかがでしょうか?

1.5ヶ月ごろからの赤ちゃんの睡眠時間が短いこととその原因について

生後5ヶ月ごろくらいから、赤ちゃんの睡眠時間が短くなることが多いようです。
夜中頻繁に目が覚めて夜泣きをし、昼も寝てくれず睡眠時間が短くなってしまう……。

これでは成長が遅くなるのではないか?と心配する親御さんも多いという話は意外とよく聞きます。

実はこの現象、5ヶ月ごろからの赤ちゃんの急速な成長などが原因となっているケースが多いそうです。

・寝ている間に脳が成長しているから頻繁に起きてしまう
・首がすわり始める頃で、運動が足りないから起きてしまう
・寝ている間に寝返りの練習をしているが、うまくいかずに起きてしまう

など、さまざまな理由が考えられます。

他にも、親御さん側に原因がある場合があります。

・そろそろ離乳食が必要な時期である
・お風呂に入れる時間が遅い
・寝ぐずりしている間に抱っこしてあやしてしまい、逆に目を覚ましてしまう

このような原因もある場合があります。

「理由はわかったけれど、睡眠時間が短いと心配……」
「少しでも長く寝てもらわないと身体がもたない!」

こんな親御さんの悩みを解決すべく、次の章でいくつか解決策を提示したいと思います。


Sponsored Link

2.5ヶ月以降の赤ちゃんの睡眠時間が短い、その解決策

「5ヶ月から1歳くらいまでの赤ちゃんの睡眠時間が短いこと、それは脳や身体の成長などが原因であることが多い」

これは先程説明しました。

けれどやはり睡眠時間が短いと心配だし、何より親御さんが体調を崩してしまいかねません
いくつか改善する方法があります。試してみてください。

・6時ごろまでには入浴し、入浴後30分以内に寝かしつける
・掛け布団を1枚増やしてみる
・おっぱいを与えすぎない
・離乳食に徐々に切り替えてみる
・赤ちゃんが寝ぐずりをするときすぐに抱っこするのではなく、トントンと身体を優しく叩いて寝かしつける

などの方法があります。

5ヶ月ごろの今は睡眠時間が短いとしても、赤ちゃんが成長とともに自然に生活リズムを調節していってくれる場合も多くあります。

もしあまり心配なようなら、母乳外来などに相談にいくのも手です。

育児は大変ですが、あまり気負わないことが肝要です。
心配だったり心身に不調が現れたなら、遠慮せず周囲を頼ってみてください。


Sponsored Link