秋もいよいよ深まりもう10月半ば。年末年始まであっという間ですね。
    年末年始が過ぎれば待っているのは、成人式です。
    成人式には同窓会が一緒に行われるのが一般的ですが、参加率はどのようなものなのでしょうか?
    そもそも成人式への参加率はどれくらいなのでしょうか?
    参加する方・しない方。それぞれ意見や理由はあると思います。
    そこで成人式と同窓会の参加率と参加する方・しない方それぞれの意見を徹底調査してみました!
    参加するかしないか悩んでいる方は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

    1.成人式と同窓会の参加率

    成人式の参加率は全体の50%から80%が一般的だそうです。
    そもそも成人式は何をする場なのでしょうか?
    成人式は、成人になった若者を激励する日」として地方自治体が記念品を贈り、訓話などをする日です。
    それが実態としては「着物などを着て昔の同級生と一同に会する日」と認識され、成人式自体の内容には「興味がないから参加したくない」という方が増えているようです。
    では同窓会の参加率はどうなっているのでしょうか?
    同窓会の参加率は成人式より少し減るそうです。
    参加・不参加の理由にも色々ありそうですが、それは次の章で特集したいと思います。


    Sponsored Link

    2.成人式・同窓会に参加する理由

    成人式や同窓会に参加する人の理由としては、以下のような例が挙げられます。

    ・振り袖(ドレス)を着たい
    ・昔の同級生に会いたい
    ・節目だから参加しておきたい
    ・参加しなかったことを後悔したくない
    ・折角の行事だから出ておきたい
    ・記念写真を撮りたい

    など、様々な意見があります。
    参加率の高さの理由は、「記念だから参加したい」「振り袖を着たい」「同級生に会いたい」
    などが大半のようです。
    では、参加しない人の理由はどのようなものなのでしょうか?

    3.成人式・同窓会に参加しない理由

    成人式や同窓会に参加しない人の理由は、以下のようなものがあります。

    ・友達がいないから参加したくない
    ・同級生に会いたくない
    ・成人式が面倒臭い
    ・他の予定(大学の試験など)を優先したい
    ・学生時代にいい思い出がない
    ・同窓会に興味がない

    参加したくない理由は、以上のようなものでした。
    参加率が下がる原因は、学生時代に良い思い出があるかどうかにかかっているようです。

    シルエット

    以上、成人式と同窓会の参加率について検証してみましたが、いかがでしたか?
    筆者は別の予定が入っていたため参加しませんでしたが、別段後悔などはしていません。ただ、もしあなたが参加するかどうかで迷っているなら、後悔しない方を選んでください。
    成人式もそれに伴う同窓会も、人生で一度きりです。
    行きたくないなら行かない、行きたいなら行く、どちらでもかまいません。
    ただ、繰り返しますが成人式そのときの同窓会も一度きりです。どちらにしてもあなたが後悔しないのが一番です。
    迷っている方はよく考えて、悔いのない方を選択してください。
    どちらにしても成人することに変わりはないのですから、自分にとってより良い方を選びましょう。


    Sponsored Link