20歳のお祝いとして成人式はとても大切なイベントですが
    それと同じくらい大切なのは写真撮りですよね。

    写真として記録に残るのは写真撮りですから
    着付けもヘアメイクも気合いが入ります。

    成人式の前の時期に写真をとる前撮りはよく聞きますが
    実は後撮りもあるのです!

    そんな後撮りの時期などについてご紹介します!

     

    成人式の写真撮りといえば前撮り?!

    成人式といえば
    現在では当日の着付け・ヘアメイクから写真撮りまで
    一通りプランになっているものが主流です。

    基本的には1月に成人式をするところがほとんどですので
    それより前の時期に写真撮りを済ませます。

    1番のピークは10~12月です。
    成人式の直前と言うことで
    多くの人が前撮りにおしかけます。

    それを避けて5~6月の空いている時期に
    前撮りをする人もいます。

    また、8~9月など、夏休みやお盆休みの時期も
    前撮りをするのにむいています。

    成人式当日に着る振り袖などの
    衣装を選び始めるのが1年ほど前なので

    それから成人式当日をゴールとして
    スケジュールを組んでいくと
    前撮りという選択をする人が多くなるのです。

     


    Sponsored Link

    撮り忘れ&準備が遅くなった!後撮りもある!

    しかし、高級な着物店で着物を購入すると
    写真撮りなどのプランがない場合もあり

    写真撮りを忘れてしまった!
    という人もいるのではないでしょうか。

    また、成人式の準備をし始めるのが遅くなってしまい
    前撮りをしている時間がなかった
    という人もいるかもしれません。

    そんな人たちにおすすめなのが
    写真撮りの時期をずらした後撮りです。

    後撮りというのは
    成人式を終えた後の時期に写真撮りをすることです。

    写真を撮り忘れていたり
    撮る時間がなかった人がいたとしても
    後撮りにすれば余裕をもって準備をすることができます。

    また、最初から選択できる
    成人式の後撮りプランなどもあります。

     

    後撮りの時期は?前撮りとの違い!

    後撮りの時期としては
    成人式の1月の後ということになりますが
    スタジオによって様々です。

    2~3月であれば
    梅や桜が美しく咲き誇っているので
    それと一緒に後撮りするという人もいるようです。

    また、20歳当時に成人式の撮影ができなかった
    という人で20歳を超えていても
    スタジオによっては後撮りを受け付けています。

    成人式をしなくて後悔してしまった
    という人にとっても後撮りは嬉しいプランなのです!

    基本的には前撮りと同じように
    いろんなシーン、ポーズで撮影しますが

    前撮りをする人がほとんどなので
    忙しい時期を避けて時間をかけて
    熟考しながらゆっくり撮影することができます。

     

    おわりに

    成人式の写真を取り忘れてしまった!
    準備する時期のが遅くて写真を撮る時間がない!
    20歳当時に成人式を祝えなかった!

    成人式に後悔が残っている人にとって
    後撮りというのは大切なのですね。

    後撮りはマイナーじゃないのかな?と思う人でも
    後悔が残っているのであれば
    ぜひ、成人式の後撮りをおすすめします。


    Sponsored Link