ダウンジャケットって、手洗いマークがついていても

    自分で洗ったことってありますか?

    そこで、ダウンジャケットを洗うときの注意点やコツをまとめました!

    121117sos1

    どのダウンジャケットなら、手洗いできる?

     

    ダウンジャケットと一言でいっても、色んな種類がありますね。

     

    洗濯マークもそれぞれ違います。

    まず、最初に洗濯マークを確認しましょう。

    ダウンジャケット 洗濯1

     

    ほとんどのダウンジャケットは、自分で洗えるものが多いです。

    「手洗い不可マーク」がついていても、洗い方に注意すれば洗えるものもあります。

    洗濯マーク

     

    ただ、縫製が粗雑なものは自分で洗わない方が良いでしょう。

    色々ボロがでてきてしまう可能性が高いですから…。

     

    あと、注意するダウンジャケットが2種類。

     

    ・レザー、フェイクレザー

    色落ちや形崩れ、革の硬化につながる可能性が高い

     

    ・羊毛(ウール)

    水分によるフェルトの収縮する可能性が高い

     

    以上の理由から、この2種類のダウンジャケットについては、クリーニングと認識しておきましょう。

    9b6bf31e381d3c85d016f83d728978bfc280c18b

     


    Sponsored Link

    洗濯する前に、注意すること

     

    ダウンジャケットを自分で洗う前に

    注意点が3つ。

     

    ①洗剤の種類

    洗剤は使わない方が良いです。

    洗剤によっては羽毛の脂を溶かしてしまうものもあります。

     

    使うのであれば、中性洗剤がおすすめです。

    ダウン素材はアルカリ性に弱いため、おしゃれ着洗い用などの中性洗剤を使いましょう。

     

    ②洗う前にすること

    必ずファスナーやボタンはしめておきましょう。

    開けておくと、洗っている間に生地を傷めてしまう可能性が高くなってしまいます。

     

    ③洗っている最中に

    中の羽毛のことを考えて、擦ったり揉んだりするのは避けましょう。

     

    この3点を注意しておけば、準備万端!

     

    ダウンジャケットの洗い方~手洗い編~

     

    それでは、ダウンジャケットを手洗いする手順です!

     

    ①洗濯桶に洗剤液をつくる

    ダウンジャケットが浸るくらいに水をはります。

    30度以下の水がいいでしょう。

    洗剤を入れるのであれば、薄目になるよういれておきましょう。

     

    ②洗う

    ダウンジャケットを簡単に畳み、洗剤液に浸します。

    やさしく押し洗いしましょう。

    上下に40回程度押し洗いしたら、もう十分でしょう。

    20111111_2404666

     

    ③すすぐ

    きれいな水に変え、やさしく押しすすぎしましょう。

    何回か水を換え、水が濁らなくなったら、OK!

    シャワーですすいでも良いです!

     

    ④タオルドライ

    やさしく押して絞り、バスタオルで包みます。

    間違っても、雑巾のように絞ってはいけません。

    やさしくタオルドライしましょう。

     

    ダウンジャケットの洗い方~洗濯機編~

     

    今度は洗濯機で洗う手順を紹介します。

    jacketmain-625x300

     

    ①洗濯ネットに入れる

    そのまま洗濯機に入れず、洗濯ネットに入れましょう。

    ダウンジャケットや他の衣類が傷つくのを防ぎます。

     

    ②周りをバスタオルで巻く

    ダウンジャケットはすぐ浮いてきてしまうため、バスタオルで巻いてしまいましょう。

     

    ③「手洗い」モードで洗う

    普通のモードだと衣類を傷めてしまう可能性が高いので、ソフトなモードを選択しましょう。

     

    ④短い時間で脱水する

    中の羽毛が偏ってしまうので、「1分の脱水して軽くほぐす」を三回ほど繰り返すのが最適です。

     

    少々面倒かもしれませんが、これでダウンジャケットを家で洗えますね!

    私は家で洗う派です!!

    クリーニング代節約です!笑

     

    乾かすのは乾燥機でも大丈夫です。

    中の羽毛がふんわりするまで、十分に乾かしましょう。

    o0480035912982805512

     

    やさしく洗って、衣類を長持ちさせましょう!!


    Sponsored Link