お歳暮お中元は、
    どちらも日頃からお世話になっている方々
    感謝の気持ちと、健康を願う気持ちを表すために
    贈り物をする習慣です。

    風呂敷

    お歳暮とお中元の違い送る時期だけと思っていませんか?
    送る時期以外のお歳暮とお中元の違いについてまとめてみました。

    起源

    お歳暮は正月に先祖の霊を迎える
    御霊祭りのお供え物を暮れの内に本家に届ける風習が、
    お世話になった人へ贈り物をする習慣へと
    わったものともいわれています。

    昔の商習慣では年末に決済していたので、
    そのときに手土産を持って集金に行くことから、
    この風習が広まったともいわれています。

    お歳暮を贈る時期は12月初旬から20日頃までです。

    本来は訪問して渡すものですが、
    最近はデパート(スーパー、コンビニ、ネットショップ)から送るのが当たり前になっています。

    そのため、お歳暮商戦という言葉もあります。

    お中元の中元は、道教の習俗の三元の一つです。
    三元とは上元、中元、下元をさし、
    上元は陰暦の1月15日、中元は7月15日、下元は10月15日です。

    道教は中元を人間贖罪の日として、
    一日中火をたいて祭る盛大なお祭りが行われていましたが、
    仏教の「盂蘭盆会」(お盆)と混同されて
    お中元は先祖の霊を供養する日となりました。

    江戸時代以降はお盆のお礼として
    親類や知人に贈り物をする風習が生まれました。
    これが現在のお世話になった人に贈る
    お中元に変化しました。

    お盆は地方によって7月に行うところと
    8月に行うところがあります。

    お中元は太陽暦の7月15日が標準となっています。
    そのため、お中元を贈る時期は7月15日が原則です。

    それより前はOKですが、
    遅れるのは避けるのが作法です。


    Sponsored Link

    のし紙

    デパート(スーパー、コンビニ、ネットショップ)から
    送ってもらうときには、
    業者でつけてくれるのできにする必要はありません。

    のし紙はお中元とお歳暮の違いはありません。

    「のし紙」は、紅白の5本(又は7本)花結び(蝶結び)に
    熨斗(のし)が付いたデザインのものを用います。

    文房具展で花結び祝い
    あるいは
    一般お祝い用として販売されているものに、
    上にお中元あるいはお歳暮と書き、下に自分の名前を書きます。

    お返しと礼状

    お中元・お歳暮お返しは原則として必要はありません

    お中元、お歳暮ともに受け取ったら
    荷物が到着した連絡もかねて
    電話で一報を入れるのが作法です。

    正式には送ってもらった相手の心遣いに対して
    感謝の気持ちを伝える礼状書くのが作法です。

    が礼状を代筆する際には夫の名前の左脇に「内」と書き添え、
    それ以外の人が代筆する場合には左側にやや小さく「代」と書き、
    その下に代筆者の名前を書き入れます。

    お中元、お歳暮に関しては喪中関係ないとされています。


    Sponsored Link