正月気分

にはまだ早いですが、
もう、3か月きりましたよ!

 

よくいう言い回しに
お屠蘇気分
というのを聞いた事があると思います。

 

そのお屠”ってご存知ですよね。
お屠蘇って、
そう、お正月に飲むお酒と言われています。 一般的に

それって中身とか意味とか
よく分からない人多くないですか?

 

ということで、今回はお屠蘇についてご案内いたします。

 

お屠蘇とは

まず、お屠蘇のはじまりからはじめます。

今から1200年ほど前にさかのぼります。
その時代の嵯峨天皇が、唐からの医者が来られた際、
屠蘇散という薬を献上されたのです。

その薬を、
天皇は元旦より3日間お神酒に入れ飲まれました
国民もこれに習い、広まったとされます。

 

その後、正月三が日の儀式として屠蘇を用いるようになりました

その、“屠蘇散”という薬の正式名は
「屠蘇延命散」と言い、
屠とは“ほふる”と読み「邪気をはらう」の意味、
蘇とは「心身を目覚めさせよみがえらせる」という意味
だそうです。

IMG_6427

 

なので、その年の邪気を払い、
延命長寿を願う行事とされました。

 

その後、子供も含め家族全員でおこなわれるようになったのです。

 


Sponsored Link

お屠蘇の作り方

お屠蘇は、

通常はお屠蘇散と
呼ばれる
10種類ほどの薬草を配合し、
お酒やみりんに浸したもの

なのです。

ただし、地方や文化の違いにより
“お酒”のみで、
お屠蘇として飲まれる場合も多いです。

 

お屠蘇は自宅で配合するのが難しいため、
最近では市販の“お屠蘇散”があります。

これをコップ1~2杯のお酒とみりんを少々いれ

3~5時間浸しておくと出来上がりです。

8101a90e6985e72acb4deb574f6981ba

お酒が苦手な方やお子さんには
みりんで作っても良いです。

 

お屠蘇の作法

まず、家族そろって東を向き、
一番若い“子供”からのみ年長者への順番で飲みます。

DSC00335
それは、昔の
毒見や
若い生気を年寄りに分けるという
意味から年少の子供から飲むのです。

最年長者が年少の子供に注ぎ、
飲み干したら次に若い子供や大人の順番ですすめていきます。
未成年の子供や
運転をする大人口をつける真似で大丈夫です。

 

未成年がお屠蘇を飲んで大丈夫なのか?

最近、年末近くになると話題になりますが。

未成年のお屠蘇は法律違反では

 

に対しては、

作り方や、作法を知って頂けたら

お屠蘇”として
未成年に飲酒行為そのものををさせる事はない
のですけどね!

本来は、薬をという意味なので。

子供、家族と一緒に1年の無病息災を祈願しましょうね!

otoso (1)

ここまででいかがでしたか?
実は、我が家ではお屠蘇は飲む習慣が無かったのです。

正月は、おめでたいからお酒飲む。
みたいな感覚で!
こうして、今回調べてみて
今年はお屠蘇を作ってみようと思っています。

妻の実家では昔からしていたと言われました。
地方によりやはり違うのですね!

今年は、我が家独自のお屠蘇は、どんな味か楽しみです。

みなさんもお試しください。


Sponsored Link