秋の七草と春の七草

    すっかり秋も深まって、
    冬の気配を感じる今日この頃です。

    秋の七草の1つススキが
    あちこちに見られるようになりました。

     

    秋の七草は観賞用とされていますが、
    春の七草は七草粥として、お粥に入れて食べる
    習慣があります。

    七草粥2

    ところで、七草粥ってどうして食べられるように
    なったんですかね。

    由来が気になります。 

     

    七草粥はなぜ食べるの?

    春の七草をお粥に入れて食べるのが、
    七草粥ですが、実際あまりおいしいものでは
    ないと思うのですが、どうして食べるのでしょうか。

     

    親からは
    「正月で疲れて弱った胃腸を労わる」
    と聞いたことがあります。

     

    実際は胃腸を労わるだけではなく、
    1月7日の朝に食べて、新年の無病息災・豊年を願う行事
    なんだそうです。
    邪気を払うために食べるとか。

     


    Sponsored Link

    由来(なぜ1月7日に食べる?)

    七草粥1月7日

    なんで1月7日に七草粥は食べる習慣があるのでしょうか。

     

    この七草粥を食べる風習は、
    日本には中国から平安時代初期に伝わったようです。

     

    七草はセリ、ナズナ、ゴギョウ、
    ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロの7種です。

     

    でも、もっと昔は七種の穀物でつくられたものだったとか、
    七草でつくるようになったのは、鎌倉時代といわれています。

     

    どうして、1月7日かというと、
    「人日(じんじつ)」の日(1月7日)に行われる
    「人日の節句」の行事で、五節句のひとつなんだそうです。

     

    ここで、「人日(じんじつ)の日」と五節句って
    なにって感じの私ですが、
    調べました。

     

    人日は「人の日」という意味なんだそうです。

    中国の前漢の時代に、
    元日は鶏、2日は狗(犬)のように7日(人の日)まで、
    それぞれの占いをして、
    8日に穀を占って新年の運勢をみていたことに由来するそうです。

     

    そうして、お正月の食事で疲れた胃の改善に食べられるように
    なっていって、青菜の不足しがちな冬場の栄養補給をする効用もあり、
    この日に七草粥を食べることになったようです。

     

    由来というより、歴史ですね。
    伝わってきたものと日本の風習が混じりあって、
    できたということです。

     

     

    そして、1月7日に七草粥を食べるのは、
    官吏昇進を1月7日に決めたことから、
    その日の朝に七種菜羹を食べて、立身出世を願ったことが由来となって、
    いるようです。

     

    その他に、年のはじめに若菜を摘んで頂戴し
    自然界から新しい生命力をいただく

    「若草摘み」という日本古来の風習と
    結びついて「七草粥」となり、
    平安時代の宮中行事として七草粥を食べるように

    なったとも言われているようです。

     

    五節句とは?

    語節句

    五節句の「節」というのは、
    唐時代の中国の暦法で定められた季節の変わり目のことです。

    「五節句」の制度は明治6年に廃止されましたが、
    今での年中行事の一環として定着しています
    (人日・桃の節句・端午の節句・七夕・重陽の節句のことのようです)

    いろいろ由来ってあるんですね。

     

     

    ちょっと難しくて由来について理解できない
    ところもある私ですが、
    由来は歴史だなと思いました。

     

    七草粥の由来を知って、意味をしったら、
    きちんと七草粥をつくろうかなと思いました。

    子供にも由来を教えてあげたいと思います。

     

    皆さんもご家族で由来について、
    学んでみてはいかがでしょう。

    七草粥を食べて、
    健康で過ごしましょう。


    Sponsored Link