もう9月も終わりに近づき、10月の終わりのハロウィンを過ぎればクリスマスソングが街中に流れ、世の中もだんだんクリスマスムード。
折角のクリスマスですから、ツリーを飾ってお祝いしたいところ。

「けれど、普通のクリスマスツリーだと収納スペースに困ったり飾り付けるのが面倒……」
「折角だから手作り感のあるツリーでお祝いしたい!」
「コンパクトで作り方の簡単なツリーを飾りたい!」

そんな方にオススメしたいのが、大きい松ぼっくりを使ったツリーです。

作り方はとても簡単。 用意するものも少なく、普通のクリスマスツリーのように大きくすることもできます。
今から作り方や材料を紹介しますので、ぜひ試してみてください。

1.大きい松ぼっくりを使ったツリーの作り方1・材料編

松ぼっくり

まず、大きい松ぼっくりを使ったツリーの作り方の前に材料を紹介します。

【材料】

・大きい松ぼっくり

晩秋の時期、松の木の下に落ちている松ぼっくり。 大きくて形のいいものをいくつか用意します。

・グルーガンとグルースティック

飾りをのり付けするときに使います。
100円ショップなどでも入手できるので、今回のツリー作りだけではなく持っておくととても便利です。

・ビーズ・アクリル絵の具・綿・リボンなどのデコレーション素材

作り方が簡単な大きい松ぼっくりのツリーですが、デコレーションや彩色をするとより華やかになります。ぜひ使ってみてください。


Sponsored Link

2.大きい松ぼっくりを使ったツリーの作り方2・色づけ編

色づけ

用意した大きい松ぼっくりに、アクリル絵の具を使って色をつけます。
緑だと本物のツリーのように仕上がり、赤や黄色でカラフルに仕上げてもよし。 逆に全く手を加えずに松ぼっくりの色をそのまま生かしても可愛いです。

3.大きい松ぼっくりを使ったツリーの作り方3・デコレーション編

デコレーション

彩色が終わって絵の具が乾いたら、次はデコレーションです。
まずはビーズを大きい松ぼっくりの端っこにグルーでのり付けしていき、そのあとでリボンなどを巻き付けましょう。

あなた好みに自由にデコレーションして、アレンジしてみてください!

4.大きい松ぼっくりを使ったツリーの作り方4・応用編

雪っぽく

デコレーションをした大きい松ぼっくりのツリーを、今度は組み合わせてみたり土台を作ってみたりすると更に「ツリーっぽく」なります。
松ぼっくりをツリーの形になるように大きく積み上げたり、綿を土台にして雪に見立てたり…… 作り方によって大きく印象も違ってきます。

ぜひ自分好みの作り方で、自由にツリーを作ってみてください。

 

ここまで大きい松ぼっくりを使ったツリーの作り方を写真つきで解説してきましたが、どうでしたか?
作り方は簡単で、応用もきく松ぼっくりを使ったツリー。 今年のクリスマスにオススメしたい、可愛いクリスマスツリーです。

家族や友人と、色々考えながら楽しく手作りしてみてはいかがでしょう。

お祝い事というのはお祝い自体もさることながら、準備期間も楽しいものです。
ぜひ大きい松ぼっくりのツリーで、楽しくクリスマスを迎えてください!


Sponsored Link