今年の冬のアウターの中でも押さえておきたいのが、ダッフルコート

見ようによっては、着ようによっては子供っぽく見えるダッフルコートですが、

着ようによってはもちろん、アメカジ、キレカジに着こなせます。

そんなダッフルコートのコーデをご紹介します!

a1180_013294_m

 

定番カラーは

ダッフルコートの最近の定番カラーは、ベージュやキャメル

この色のダッフルコートには、たいていなんでも合います!

白いパンツでオラオラ系にするのもいいでしょう。

インナーも、シャツやカットソーなどなんでもいけます。

でも、ベージュやキャメルは明るい色なので、それよりも明るい色は避けたほうがおしゃれな着こなしです

白いシャツに黒のカーデガン+デニムなんてのもいいですね。

a1180_004850_m

 


Sponsored Link

黒のダッフルコート

でもやっぱり定番カラーと言ったらでしょうか。

黒いダッフルコートは、大人っぽくスタイリッシュさを醸しだせます

おしゃれに黒のダッフルコートを着こなすなら、インナーはベージュのトレーナー。

白いトレーナーより色味があったほうがおしゃれさを引き立ててくれます。

 

でも、おしゃれなデザインの白シャツもオススメ。

ちょっと寒いな、と感じるならニットやベストを合わせてもいいでしょう。

 

黒のダッフルコートに合うボトムス

黒のダッフルコートはシンプルなだけに合わせるボトムスによって印象が全く変わってきます。

そんな中、黒のダッフルコートと相性抜群なのが、グレーのジーンズ

色のアクセントがついてバランスの良い着こなしができます。

 

でも、ワイルドに決めるなら、ウォッシュ加工やダメージ加工が施されたジーンズを合わせると一気に男らしくワイルドな着こなしになります。

 

もうワンランク上を目指しませんか?

でも、もうワンランク上のおしゃれコーデを目指しませんか?

どうせ黒を着るなら、ワントーン!

黒いダッフルコートを使って、オールブラックで攻めたワントーンの着こなし!

これがワンランク上のおしゃれじゃないんですかね。

オールブラックといっても、ただ黒を合わせればいいという訳ではありません

ストライプ柄のもの、同じ黒でも色味は様々ですよね。

そのビミョウなさじ加減が、センスを問われるんですね。

同じダッフルコートでも、Bark(バーク)のダッフルはシンプルだけどこだわりのある編み方をしているので、

そういうのを合わせるのもいいでしょう。

とは言え、ビビらず色々試して自分に合う、自分ならではのコーデを見つけてみてください!

紳士に見える黒のダッフル、心も紳士に!


Sponsored Link